2018年11月17日

「みんないってしまう」山本文緒

CIMG3367.JPG

12編が収められた短編集です。
昼下がりのデパートで年賀状のやり取りさえ途絶えてしまった幼なじみとばったり遭遇した主人公。
二人は最上階の食堂に行き旧交を温めます。
そんな中で出てきたのが中学で一緒だった成井君という男の子の名前。
実は二人は同時期に彼と付き合っていたということが判明します。
つまり二股をかけられていたわけで。
憤慨した友人は成井君の実家に電話するのですが・・・・。(表題作)
ちょっとせつないような笑ってしまうような話です。
本のタイトルを見ますと人が皆自分から去っていくというイメージですが、全編読みますとそれは決して人だけではありません。
人はいろんなものを失っていくのだなと思わされます。
しかし失うものもあれば、また得るものもあるんですよね。
表題作では主人公がそのような感想を述べています。
収められているどの作品も明快なオチのようなものはありません。
含みを持たせているといいますか、その後は読者が頭の中で描いていくということです。
例えば一番最初の「裸にネルのシャツ」。
主人公はこのあとどうしたのか。
その後のストーリーについては読者の数だけありということですね。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

「天才たちの値段 美術探偵・神永美有」門井慶喜

CIMG3366.JPG

本物の絵を見ると甘味を感じ、偽物だと苦みを感じるという天才美術コンサルタント神永美有。
短大の美術講師である佐々木昭友との名コンビ(?)で美術に関する様々な難問を解いていきます・・・・。
表題作「天才たちの値段」は画商に声をかけられた佐々木が故・子爵の館を館を訪れます。
そこで出会ったのが神永です。
子爵が秘蔵していたボッティチェッリの絵を見せられるのですが、それは本物なのか偽物なのか。
本物なら世紀の大発見です。
しかし佐々木が見たところ、筆致は酷似しているものの微妙にボッティチェッリらしくない。
ですが神永は口の中に強烈な甘みを感じ、呟きます。
「これは本物です」。
さて真偽は・・・・。
美術に関わる謎を解き明かしていく美術ミステリーとでもいいますか。
専門的な知識が駆使され、上辺だけの美術ものではありません。
といっても私は美術について詳しいわけではないですけども。
しかしこれらの知識や情報ががっちりと本格感をもたらしているように思えます。
作者もさぞかし大変だったのではないかと。(笑)
続編も出ているようですね。
ぜひ読ませていただきましょう。
ラベル:小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

「アダルト系」永江朗

CIMG3365.JPG

まえがきに「アダルト系といっても、十八歳未満禁止の、そっち方面という意味ではない」と書かれています。
「オトナじゃないとわからないことでありながら、いま一つオトナになりきれない人々の愛好すること」だそうです。
でも中身を読んでみますと、結局はやはり“そっち方面”がほとんどなんですけどね。(笑)
ひたすらパンチラを狙うカメラ小僧とか、ブルセラ、女装、ノーパン喫茶やSMクラブなどの風俗、AVやエロ本などのエロメディアなど。
しかしどのジャンルにおいても当然それに賭けている専門家やマニアがいるわけで、これはこれで立派なものです。
“そっち方面”以外のジャンルとしましては、刺青の彫師、興信所、死体洗い、など。
死体洗いのバイトなど都市伝説ですよね。
この本でも著者は何人もの医学部の教授たちに質問してきましたが「そんな噂は初耳ですね」とのこと。
でしょうね。
そもそも病院内や大学内にホルマリンのプールがあるなんて考えられませんし。
そんな仕事を一般の人間相手に募集なんかしないでしょうし。
しかし著者は実際にそのバイトをしたことがあるという人に会って話を聞いておられます。
いったいなんだったのだろうかと。
それが本当なら具体的にどこの病院どこの大学と答えられそうなものですが、そのような回答はなかったようです。
眉唾ですね。(笑)
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

「書店ガール5 ラノベとブンガク」碧野圭

CIMG3364.JPG

シリーズ第5弾。
前作で駅中の小さな書店の店長になった宮崎彩加。
しかしどうも売れ行きがよくありません。
自分の理想の棚よりも売れる棚を作るべきなのか。
また若いアルバイトたちとどのようにコミュニケーションしていけばいいのか。
行き詰っている彩加です。
一方、できたばかりのライトノベル編集部で編集長を務める小幡伸光は、第一弾第二弾で活躍した小幡亜紀の夫です。
初めての新人賞選考で二人の受賞者を出すのですが、一人が受賞を辞退し、また編集部員がベテラン作家の原稿に無断で手を入れ、販売が中止になるなどのトラブルが続き、前途多難な様相となります。
そんな彩加と伸光が出会い、話は一気に盛り上がっていきます・・・・。
書店業界を描いたお仕事小説なわけですが、今回は出版界(ライトノベル)の舞台裏も描かれています。
いつもながら読ませられます。
なんやかんやありつつも話はめでたしめでたしに向かって進んでいくので、ベタといえばベタなんですけども。
しかしそうでないと読者のカタルシスが満たされませんしね。
現実の作家名や作品名を登場させ、フィクションの中にも上手くリアルを取り込んでおられるのもいつも通り。
ご本人に許可を取っておられるのかな、などと余計なことを考えてしまいますが。(笑)
あと2巻。
楽しみに読ませていただきましょう。
ラベル:本・書店 小説
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月09日

「居酒屋おくのほそ道」太田和彦 画=村松誠

CIMG3363.JPG

松尾芭蕉「おくのほそ道」に倣って著者こと七星、イラストレーターの村松誠こと亀次の二人が旅に出ます。
目的はもちろん俳句? それとも居酒屋?・・・・。
以前に「東海道 居酒屋五十三次」という本で東海道を飲み歩いたお二人ですが、今回はおくのほそ道。
行く先々でいい風景、いい居酒屋に出会っておられます。
最初は真面目に俳句に取り組んでおられたお二人ですが、なんだか旅が進むにつれ俳句そっちのけで飲むほうに精を出しておられるような。(笑)
でも漠然とあちこち飲み歩くよりも、このようなテーマに沿って巡る旅というのは味わい深くていいですね。
俳句と居酒屋、なんだかしっくりくるじゃありませんか。
そういえば私も一時期俳句の専門誌に投稿していました。
最近はご無沙汰で、やはりこういうのは日頃から心掛けていないと咄嗟には出てきませんね。
飲むほうはせっせと皆勤賞なんですが。(笑)
さて、この本はいい紀行であり、いい居酒屋のガイドであり、そしてちょっと自分も俳句をやってみようかなと思わせる手引書でもあります。
東日本を巡ったこの旅の連載が終わったのは2010年3月。
東日本大震災が2011年3月。
心を痛めた著者はかつての地を訪ねられ、各店の店主と再会しておられます。
その様子は最後の「希望の光 あとがきにかえて」に書いておられます。
居酒屋という立場から復興を担い、それを支持するのはもちろんありです。
こういう日常からじわじわと立ち上がっていく。
ほんと、がんばれ東日本! ですね。
ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 01:00| Comment(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする