2011年02月14日

「タケノコの丸かじり」東海林さだお

Cimg1620

ご存知、東海林さだおの丸かじりシリーズ。

ランダムに読んでいますので順番はバラバラですが、これは15作目とのことです。

しょっつる、ナンプラー、アンチョビなどを使って即席のクサヤを作ってみる「即席クサヤ作成記」。

イタリアと日本を融合させて丼を作った「ピザ丼誕生秘話」。

相変わらずバカなことを、いや、探究心旺盛でいらっしゃる。

そんなB級グルメだけではなく、表題作ともいえる「錦水亭の筍コース」では京都の錦水亭で筍のフルコースを楽しんでおられます。

「カレーラーメンはなぜないのか」というのもありますけど、どこの店でもというわけではありませんが、ないことはない。

「造幣局の「通り抜け」」では、タクシーの運転手が「大阪人で通り抜けに行ったことない人はおらんでしょう」とおっしゃったらしいが、そんなことありません。

私はいまだにいったことない。(きっぱり 笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする