2011年03月16日

「感情教育」中山可穂

Cimg1640

当然女性同士の恋愛を描いた内容です。

第一章では那智という女性について書かれます。

母親は産院で那智を産み、その日のうちに姿を消します。

那智は乳児院に引き取られ、その後田川夫妻の養子となります。

結婚し、一級建築士の資格も取り、れいという女の子にも恵まれました。

第二章では理緒という女性です。

水商売の女と遊び人の男のあいだに生まれました。

ヤクザの親分の養子になったり、母親の実家の寺に引き取られたり。

学生時代に芝居にのめり込みますが、卒業してフリーライターとなります。

第三章ではその二人が出会い、ここからいよいよ核心に入っていきます・・・・。

う~ん、中山可穂、すごい。

これは相当気合を入れて書かれた小説だなと。

読まされましたねぇ。

ただ納得できなかったところもあります。

那智と理緒の母親が同じ名前という設定。

そして二人の体がそっくりだということ。

読み手としては、「え、もしかして・・・・?」なんて思いますよね。

でもそれについてはまったくの偶然なようで?

そんなぁ・・・・。(笑)

那智と子供についても・・・・う~ん、ああいう着地点しかなかったのかなぁ。

やはり恋愛が優先されているのはしょうがないのか・・・・。

だからこその話だといえますが。

これは読み手としても苦しいところですね。

しかし中山可穂、なぜここまで真摯で純粋で熱い恋愛を書くことができるのでしょうか。

やはり女性同士の恋愛だからであり、それを知り尽くす中山氏なればこそです。

ミーハーに男同士の恋愛などを描いたボーイズラブ小説とは次元が違います。

中山可穂、渾身の長編です。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする