2011年04月30日

4月の一冊

今月は11冊でした。

まあ理想のペースですね。

読みましたのは以下の作品。

「闇の子供たち」梁石日
「食の極道 喋るも食うも命がけ」勝谷誠彦
「居場所もなかった」笙野頼子
「イン・ザ・プール」奥田英朗
「青桐」木崎さと子
「かつどん協議会」原宏一
「食に知恵あり」小泉武夫
「カフーを待ちわびて」原田マハ
「藁の楯」木内一裕
「家族の標本」柳美里
「シェ松尾物語」松尾幸造

「闇の子供たち」、ディープなテーマはさすがの梁石日なのですが、氏の作品はどうも構成にまとまりがないのが多いのではないでしょうか。

なので着地点の足元がゆるい気がします。

「居場所もなかった」、この作品は、というよりこの作者の作品は、じっくり硬いスルメを味わうように読むべしなのかなと思います。

笙野頼子、かなり読者を選ぶ作家ではありますよね。

「イン・ザ・プール」、リラックスして読める小説で面白かったです。

「青桐」、じんわりと染み入る小説です。

人の死を扱いながらも読後に清々しさを感じさせる作品でした。

「かつどん協議会」、最初に読んだ「床下仙人」もそうなのですが、そこそこ面白いんです。

でも新人文学賞でいえば、最終候補には残るけど受賞には至らないといったレベルなんですよね。

もひとつもどかしい。

「カフーを待ちわびて」、これはよかったですよ。

南の島を舞台にした内容も背景もピュアな小説。

癒し系です。

「藁の楯」、漫画家から小説家に転向しての第一作。

漫画家から小説家に転向した例としては山上龍彦(山上たつひこ)氏がいらっしゃいますが、成功したとはいいがたい。

事実また漫画に戻られましたしね。

木内氏もそれほど話題にはなっていませんし、発表も数年に一冊のペース。

それはともかくとしまして、肩に力の入り過ぎな感はありましたがなかなかエンターテイメントとして楽しめました。

「家族の標本」、柳氏初のエッセイ集。

私はエッセイというよりショートショートとして読みましたが。

さて今月の一冊。

意気込みを買って「藁の楯」木内一裕ですかね。

この後の作品はどうなのか、また他のも読んでみたいと思います。

Cimg1670

posted by たろちゃん at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする