2011年05月29日

「招待客」新津きよみ

Cimg1685

主人公である高谷美由紀が結婚することになり、幼い頃川で溺れたのを助けてくれた命の恩人を披露宴に招待しようという話になります。

二十年も昔の話。

恩人の井口貴明がいま何をしているのかわかりませんが、当時の新聞の切り抜きから現在の所在を探すことは可能だろうと、美由紀は招待することに同意します。

しかし当時高校生だった貴明は、現在まったく別人のようになっていたのです。

そんなことも知らずに招待状を送ってしまったことにより、美由紀は思わぬ展開に巻き込まれていきます。

披露宴にも貴明ではなくその母親の富士子がやってくるのです。

黒留袖という場違いな服装で。

それがきっかけで美由紀は富士子に執拗に付きまとわれるようになり、やがて取り返しのつかない事態へと話しは進んでいきます・・・・。

サスペンスですね。

引きこもりになってしまった貴明よりも、その息子を溺愛する母親が狂っていく過程が怖い。

それなりに面白い展開で話は進んでいくのですが、なんやかんやと詰め込みすぎの感があります。

美由紀が白血病で骨髄移植を受けた患者という設定ですが、これが話の内容にどれほどの効果をもたらしているのか。

プロローグで出てくる刑事がそのドナーなのですが、その後この刑事とある事件で出会うことになるという設定もちょっと世界が狭すぎます。

母親違いの妹の登場も唐突でキャラがいまいち中途半端。

死体を目の前にしての美由紀のリアクションもそりゃないだろうと。

あちこちに視点が飛ぶのもこの作品の場合むしろややこしいだけ。

なんやかんやと粗が目に付いてしまいますね。

もう少しすっきりと整理されていればと思いました。

作者の実力は認めるが、もう一作読んでみたい。(文学賞選評風 笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 17:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 『に』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする