2011年05月31日

5月の一冊

今月は読んだのは以下の12冊。

「お江戸の若様」高橋三千綱
「裏ミシュラン」パスカル・レミ
「ちゃらんぽらん男、居酒屋をつくる」田中秀嗣
「群青の湖」芝木好子
「世界一の長寿食「和食」」永山久夫
「銀齢の果て」筒井康隆
「焼肉のことばかり考えてる人が 考えてること」松岡大悟
「少年たちの終わらない夜」鷺沢萠
「昼めしの丸かじり」東海林さだお
「剣客商売 白い鬼」池波正太郎
「洋食や」茂出木心護
「招待客」新津きよみ

「お江戸の若様」、シリーズ第2弾。

相変わらず飄々とした右京之介のキャラがいい。

「裏ミシュラン」、こういう裏話はいいですね。

所詮はオッサンがせっせとレストラン巡りをし、個人的評価をしているのです。

「ちゃらんぽらん男、居酒屋をつくる」、大阪で居酒屋を始めたご夫婦の奮闘記。

東京に移転してからの続編が出ればまた読みたいです。

「群青の湖」、芝木好子の代表作ともいえる晩年の作品。

こういう世界はさすがです。

「世界一の長寿食「和食」」、洋食どころかインスタントやファーストフードに走りがちな昨今の食事情。

昔ながらの和食をしっかりと見直したいものです。

「銀齢の果て」、デフォルメされた極の老人小説かもしれません。

筒井氏ならではのブラックでスラプスティックな作品。

「焼肉のことばかり考えてる人が 考えてること」、なるほど焼肉でもいろいろ考えている人がいるものです。

楽しく読めました。

「少年たちの終わらない夜」、青いですが瑞々しい小説です。

シチュエーションはまあ時代でしょう。

「昼めしの丸かじり」、出来不出来はあるものの、このテンションを何十年もこのレベルで保っているのはすごい。

食エッセイ界の「こち亀」か。(笑)

「剣客商売 白い鬼」、読むのが楽しみなシリーズ。

大治郎の成長ぶりや三冬との関係にも注目。

「洋食や」、成り上がり系の内容が多い料理人のエッセイ。

しかしこれは肩の力が抜けたいろんなエピソード紹介のエッセイです。

「招待客」、テーマが絞り切れていなかった感あり。

最初に骨髄移植を持ち出してきたわりには「それが話の内容となんの関係があるの?」という感じ。

さて今月の一冊ですが。

「銀齢の果て」筒井康隆です。

筒井氏は現時点で七十六歳。

この作品を書かれたのが七十一歳。

七十歳を過ぎてこのような作品を書ける才気に敬意を表しまして。

Cimg1679

posted by たろちゃん at 03:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする