2011年09月16日

「返品のない月曜日 ボクの取次日記」井狩春男

Cimg1780

著者のお仕事(この本が書かれた当時)は取次です。

名前どおり出版社と書店を取り次ぐ会社ですね。

大手では東販や日販といった会社があります。

編集者でもない書店員でもない、そんな取次という立場で業界のことを書かれたのがこの本です。

すごいのが「日刊まるすニュース」という業界向けB5版手書きの新刊ニュースを発行しておられたということ。

日刊ですからもちろん毎日です。

この本でも紙面が紹介されていますが、活字のような文字でびっしりと書き込まれています。

これはもう本への情熱がないとできないことですね。

その他業界の裏話などいろいろと。

本好きには興味深い一冊です。

ちなみにタイトルですが、返品の一番多いのが月曜日とのこと。

なので皆が心を込めて作った本が返品されない月曜日を迎えたい、と願いを込めてのタイトルだそうです。

ラベル:本・書店
posted by たろちゃん at 15:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする