2011年10月31日

10月の一冊

今月は15冊。

いつもよりやや多かったですね。

「暗殺の年輪」藤沢周平
「女ひとり」芝木好子
「ちょんまげぷりん2」荒木源
「食の狩人 こだわりの店100」伊丹由宇
「私の男」桜庭一樹
「あんな作家 こんな作家 どんな作家」阿川佐和子
「セクハラ大好き」宇能鴻一郎
「ランチタイム・ブルー」永井するみ
「甘辛の職人」小菅桂子
「ソー・ザップ!」稲見一良
「容姿の時代」酒井順子
「八日目の蝉」角田光代
「東京酒場漂流記」なぎら健壱
「剣客商売 新妻」池波正太郎
「本のお口よごしですが」出久根達郎

「暗殺の年輪」は短編集ですが、隠し剣シリーズなどとは違いバラエティがあり楽しめました。

どれも内容はシブイ。

「女ひとり」、芝木作品としてはややおとなしいめの作品。

ですが女性のしたたかな力強さはしっかりと描かれています。

「ちょんまげぷりん2」、話題作のパート2ですが、これはこれで楽しめましたね。

話を作るのが上手い作家だなという印象。

「私の男」、近親相姦を取り上げた灰色の世界といった印象の小説。

読み応えありましたし、インパクトは大でした。

「あんな作家 こんな作家 どんな作家」、57人もの作家が登場。

いろんな作家のエピソードが読めるのは嬉しい。

「セクハラ大好き」、さすがの宇能節を堪能できます。

一冊読めばじゅうぶんですが。(笑)

「ランチタイム・ブルー」、ライトミステリー、というよりはさまざまな人間ドラマの短編集。

さらりと読みやすく、しかし味わいもありました。

「ソー・ザップ!」、かなり作られた世界ではありますが、それに身を浸すとどっぷりと楽しめます。

硬派な小説です。

「八日目の蝉」、読ませますねぇ、角田光代。

逃亡する主人公の娘に対しての愛情がせつなく哀しい。

「剣客商売 新妻」、単なる連作短編というだけではなく、大治郎の成長と三冬の関係も読ませどころ。

この巻ではいよいよ二人が結婚します。

今月の一冊はちょっと迷いました。

「私の男」、「ソー・ザップ!」、「八日目の蝉」が候補となりましたが、いちばん心に響いたのは「八日目の蝉」。

今月はこれで。

Cimg1803

posted by たろちゃん at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする