2011年11月12日

「平成日本タブー大全」溝口敦・山村明義・一ノ宮美成・寺澤有・鈴木智彦 ほか

Cimg1815

なかなか新聞やテレビなどでは取り上げられないタブーというのがあります。

その中でも戦後日本の三大タブーは「菊」「鶴」「菱」といわれてきたそうです。

「菊」というのは皇室、「鶴」は創価学会、「菱」は暴力団の山口組のこと。

その他同和団体や警察、芸能界についてもこの本では触れられています。

芸能界では最近人気タレントの島田紳助が暴力団とのつながりが原因で芸能界を引退しましたが、この本ではすでに(単行本は2006年刊行)それが指摘されています。

ライターは溝口敦氏

暴力団関係に関してはさすがのジャーナリストですね。

宝島社の裏話モノってけっこう期待はずれが多い気がしますが、これはまずまず読み応えありました。

posted by たろちゃん at 04:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする