2011年11月30日

11月の一冊

今月は14冊でした。

まずまずなペースでしょうか。

私にとってはやや多いですけどね。

「メニューの設計図」高橋徳男
「二度殺された女」ドロシー・ユーナック
「玉手箱」小手鞠るい
「寿司屋のかみさんのちょっと箸休め」佐川芳枝
「葉桜の季節に君を想うということ」歌野晶吾
「平成日本タブー大全」溝口敦・山村明義・一ノ宮美成・寺澤有・鈴木智彦 ほか
「酔って記憶をなくします」石原たきび編
「傷ある翼」円地文子
「お笑い 男の星座2 私情最強編」浅草キッド
「文学賞メッタ斬り!」豊崎由美 大森望
「小林カツ代の「おいしい大阪」」小林カツ代
「雨鱒の川」川上健一
「ひとり日和」青山七恵
「はぐれ牡丹」山本一力

「二度殺された女」、海外小説です。

読みやすかったですけどやはり私は翻訳物には入り込めません。

「玉手箱」、子供を授かる為に一生懸命な女性の話。

はなっから子供を持たないことを選択する女性もいますが、それは簡単なこと。

望んでも子供ができない苦悩が痛々しく描かれています。

「葉桜の季節に君を想うということ」、話題になり評価も高い作品ですが、私はそれほどとは。

ラストの種明かしでむしろ痛々しい印象を持ちました。(笑)

「傷ある翼」、現代においては地味な小説です。

しかしじわじわと味わいがあります。

「雨鱒の川」、荒削りですが初々しい小説。

心が洗われました。

「ひとり日和」、若い女性のちょっとした成長物語。

主人公の頭を引っ叩いてやりたい気もしますけど。

「はぐれ牡丹」、ミステリー仕立ての時代小説。

作者らしく下町の人情があります。

今月はこれといって抜きん出た印象の作品はありませんでした。

その中でも一冊となると、候補としましては「雨鱒の川」と「はぐれ牡丹」ですかね。

なんたら殺人事件というような小説を私はあまり好きではないのですが、「雨鱒の川」のピュアさはその対極といえます。

人を殺さなくとも小説は書けます。

こういう小説がもっと読まれますように。

そういう思いも込めまして今月の一冊は「雨鱒の川」で。

Cimg1823

posted by たろちゃん at 17:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする