2012年01月22日

「バンドーに訊け!」坂東齢人 実は 馳星周

Cimg1859

書評集です。

「本の雑誌」に連載されていたもので、以前に読んだ北上次郎の「新刊めったくたガイド大全」と同時進行の連載だったようです。

なのでどうしてもそれと比べてしまうわけですが。

まず紹介しておられる本の数が少ない。

そしてジャンルが狭い。

なによりおちゃらけた文章が気持ち悪い。(笑)

これ、著者は馳星周氏なんですよね。

でもこの時点ではまだ馳星周としてデビューしておられないわけで、本名の坂東齢人名義で書かれたもの。

なので大沢在昌や花村満月などの作品に対しても、リスペクトしつつも苦言を呈しておられたりしています。

そんなのをあえて出版されたのはご立派。

ただ私の感想としましては、書評集としてはもひとつな気がします。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 20:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 『は』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする