2012年02月18日

「翻訳家じゃなくてカレー屋になるはずだった」金原瑞人

Cimg1872

翻訳家のエッセイ集です。

大学を出て出版社に就職するつもりがことごとく落ち、屋台のカレー屋をやることを決意。

しかし教授から大学院に誘われ、なんやかんやと縁があり、翻訳の仕事を手掛けることになります。

というわけでカレー屋の実現から遠ざかり翻訳家に・・・・。

このあたりの経歴がタイトルになっているわけですが、実はカレー屋云々についてのエピソードはほんの数行しか出てきません。(笑)

もっぱら国内外の文学や翻訳事情についての内容ですが、これがやけに面白い。

文体が軽妙で読みやすく、まったく堅苦しさがないんですよね。

私は英語はさっぱりなのですが、それでも以前から疑問に思っていたことがあります。

それは一人称について。

英語で一人称といえば「I」だけなんですよね。

ところが日本語では「私」、「俺」、「僕」、「わし」、「おいら」、「拙者」・・・・などなどかなりの数があります。

それらを使い分けることによって老若男女や社会的立場などが表現できます。

「僕」にしても漢字で書くかひらがなで書くかカタカナで書くかによってイメージが違いますし、、キャラクターを表現できるわけです。

しかし英語は「I」だけ。

これには著者もずいぶんと悩んでおられるようです。

英語から日本語ならまだしも、日本語から英語ではこの使い分けのニュアンスは絶対伝わらないでしょうね。

そして小説の翻訳物というのは作者の文体を読んでいるのではなく、訳者の文体を読んでいるということ。

訳者によってストーリーが変わることはありませんが、文体は確実に変わります。

私が翻訳物があまり好きではない理由のひとつがこれです。

やはり海外の小説は原書で読まなければその作家の文体は味わえないでしょう。

ヘミングウェイの文章が好きだなんていっても、翻訳で読む限りはそれは訳者の文章なわけです。

といったような私がずっと持っていた疑問についても触れられており、すっきりとした気分になりました。(笑)

英語を勉強しておられるかた、翻訳家を目指しておられるかたはぜひご一読を。

posted by たろちゃん at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

「青い山脈」石坂洋次郎

Cimg1873

昭和22年の作品です。

誰もがタイトルくらいは知っているでしょうし、映画化もされて主題歌は耳にしたことがあるかと思います。

私もその程度でどのような内容か知らなかったので、どれどれと読んでみました。

とある女学校に若い女性教師が赴任します。

その学校はかなり封建的な風習が残っており、男女関係においては過敏すぎるほど。

男女が一緒にいるだけで問題になるような雰囲気です。

もちろん時代のせいもあるのですが、そんな風習に異を唱えるのが赴任してきた若い女性教師こと島崎先生です。

もっと男女の交際は堂々とあるべきだと。

しかしそのような考えはなかなか受け入れてもらえず、島崎先生は苦しい立場に追い込まれます。

が、島崎先生を支持する生徒や医師などもおり、さてどのようになっていくのか・・・・。

というのが大まかな筋です。

そこに女学生の成長やら友情、そして島崎先生と医師との恋愛なども絡み、なんとも爽やかな青春小説に仕上がっています。

接吻映画なんて言葉が出てきたり、男女の接し方など今からすればかなり時代を感じさせます。

ですがさほど古臭さは感じません。

むしろ今の青春恋愛小説にない清々しさが気持ちよかったです。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

「男の手料理」池田満寿夫

Cimg1874

サンケイ新聞土曜日版に連載されていたエッセイとのこと。

テーマはずはりそのもの「男の手料理」なわけですが、モットーは「手抜き料理」だと著者は言います。

紹介されているのはまさしくそのもの。

例えば冒頭に紹介されている「コロンブスの卵丼」。

連載第1回目の料理です。

目玉焼きを丼飯にトッピングして醤油かウスターソースをかけるだけという料理ですが、これがえらい評判がよかったようで。

う~ん、これがコロンブス的発想に感じられるほど読者の料理に関するアイデアは貧困なのか・・・・。(笑)

しかしまあ変に凝った料理よりもこんなのほうが「男の料理」なのかもしれません。

最近は男性も料理に入れ込んでおられる人が多いですけども、こういうのをしゃあしゃあと紹介するのもありかと。

それならば私もひとつ。

「さんま蒲焼き丼」です。

缶詰のさんま蒲焼き。

定番商品で美味しいですよねぇ。

これをうな丼感覚で使用するだけ。

冷や飯にさんま蒲焼きを乗せ、タレをかけ、レンジでチン。

ごはんを二段重ねにしてあいだにさんまを挟めば尚よし。

「キムチめし」。

市販のキムチを食べ終わったあと残った汁をアツアツのごはんにぶっかけて食べる。

これ最高に旨し。

他にもあれやこれや・・・・。

なんだか話が逸れまして、そういうことでどーも。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

「文学的商品学」斎藤美奈子

Cimg1867

書評集ですが単純に小説そのものについて批評しているわけではありません。

ストーリーばかり追いかけるのではなく、小説に出てくるモノについて考察してみようという趣旨です。

なのでタイトルは「文学的商品学」。

取り上げられているのはファッションやフード、ホテル、バンド、オートバイなど。

それらが小説の中でどのように描写されているか。

この著者にかかりますと丸裸にされてしまいます。(笑)

しかし今まで読んできた著者の本に比べ、これはちょっと切れが悪いかなという気がします。

ややこじつけで苦しい感あり。

まあそれでも斎藤美奈子。

相変わらずフェミニズムぶりが鼻につくものの、目の付け所がいいですしやはり面白い。

このような切り口の書評家は他にいませんものね。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

「阪急電車」有川浩

Cimg1868

裏表紙には長篇小説とありますが、連作短編集だと思います。

まあどちらでもいいんですけど。

阪急電車の今津線を舞台にした小説です。

その沿線を利用するいろんな人たちにスポットを当て、それぞれのドラマが描かれています。

各章ごとの登場人物たちは赤の他人なわけですが、同じ車両に乗り合わせていたりして話がリンクしているんですね。

それぞれが影響を受けたり与えたり。

男女の出逢いや別れなども描かれていますけども、今の大学生の出逢いってこんなにウブですかねぇ。

読んでいて気恥ずかしいほどですが、それがまあこの作品をほのぼのとした雰囲気にしています。

このあたりは若い女性に好まれそうなややファンシーな雰囲気ですね。

でも後輩に彼氏を寝取られ、その結婚式に乗り込んでいく女性の話は痛快。

孫を連れたおばあさんもいい味を出しています。

あつかましいおばさんにもいろいろと事情があったり。

それぞれに人生があるのだなぁと感じさせる一冊でした。

ちなみに解説は、故・児玉清氏です。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする