2012年02月14日

「男の手料理」池田満寿夫

Cimg1874

サンケイ新聞土曜日版に連載されていたエッセイとのこと。

テーマはずはりそのもの「男の手料理」なわけですが、モットーは「手抜き料理」だと著者は言います。

紹介されているのはまさしくそのもの。

例えば冒頭に紹介されている「コロンブスの卵丼」。

連載第1回目の料理です。

目玉焼きを丼飯にトッピングして醤油かウスターソースをかけるだけという料理ですが、これがえらい評判がよかったようで。

う~ん、これがコロンブス的発想に感じられるほど読者の料理に関するアイデアは貧困なのか・・・・。(笑)

しかしまあ変に凝った料理よりもこんなのほうが「男の料理」なのかもしれません。

最近は男性も料理に入れ込んでおられる人が多いですけども、こういうのをしゃあしゃあと紹介するのもありかと。

それならば私もひとつ。

「さんま蒲焼き丼」です。

缶詰のさんま蒲焼き。

定番商品で美味しいですよねぇ。

これをうな丼感覚で使用するだけ。

冷や飯にさんま蒲焼きを乗せ、タレをかけ、レンジでチン。

ごはんを二段重ねにしてあいだにさんまを挟めば尚よし。

「キムチめし」。

市販のキムチを食べ終わったあと残った汁をアツアツのごはんにぶっかけて食べる。

これ最高に旨し。

他にもあれやこれや・・・・。

なんだか話が逸れまして、そういうことでどーも。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする