2012年03月30日

3月の一冊

今月読んだのは以下の14冊です。

「小説家の休日」阿刀田高
「慕情の旅」芝木好子
「おいしい人間」高峰秀子
「お江戸の用心棒 右京之介助太刀始末(上・下)」高橋三千綱
「ポトスライムの舟」津村記久子
「くっすん大黒」町田康
「編集狂時代」松田哲夫
「月とシャンパン」有吉玉青
「食品のカラクリ」別冊宝島編集部 編
「蕎麦ときしめん」清水義範
「肝機能をぐんぐん高める100のコツ」主婦の友社編
「何回もいきたくなるラーメン店100 私が4000杯を食べたわけ」武内伸
「本業」浅草キッド 水道橋博士

「小説家の休日」、興味のない作家ではありますが、書評などの内容に惹かれて読んでみました。

だからといって氏の小説を読むことはないと思いますが。

「慕情の旅」、芝木氏の中ではまあ小粒な作品集でしょうか。

可もなく不可もなくといったところ。

「おいしい人間」、女優のエッセイ。

芸能人には興味ありませんが、食についてのエッセイもありましたもので。

「お江戸の用心棒 右京之介助太刀始末(上・下)」、相変わらず飄々として面白い。

時代小説としてはちょっと軽いノリですが、それもまたこの作品の魅力。

「ポトスライムの舟」、絲山秋子に似た作風ですが、もうちょっと輪郭がはっきりした感じでしょうか。

期待の作家です。

「くっすん大黒」、なんじゃこりゃという人も多いでしょうし私もまあそう思いました。(笑)

しかし面白いからいいじゃないですか。

「編集狂時代」、編集者の仕事というのはやはり人との出会いなんだなと。

見城徹氏の「編集者という病い」ほど熱い内容ではありませんが、そのようなことを感じました。

「月とシャンパン」、いろんな年代の女性の恋愛を描いた小説。

いくつになっても人は恋愛に翻弄されるのかな、なんて思わされる内容です。

「食品のカラクリ」、ろくな食べ物がない昨今。

まがい物や添加物まみれの食品が溢れる現状を指摘しておられます。

「蕎麦ときしめん」、この作家を一躍有名にした作品ではありますが。

昔読んであまり感銘を受けなかったのですが、再読してみてもやはりでした。

「肝機能をぐんぐん高める100のコツ」、とても読みやすい本でした。

こういうのはわかりやすく書かれているのがいちばん。

「何回もいきたくなるラーメン店100 私が4000杯を食べたわけ」、紹介されている店はすべて東京・神奈川なので私には縁がないのですが。

でも著者のラーメンに対しての愛情が伝わる一冊です。

「本業」、水道橋博士氏、文章が達者ですねぇ。

いろんなタレント本の書評、なかなか痛快でよかったです。

今月は「文句なしにこれ!」と思える本はありませんでした。

そんな中で候補は「ポトスライムの舟」、「くっすん大黒」でしょうか。

インパクトということではやはり「くっすん大黒」ですねぇ。

ちょっと他に類を見ない才気に敬意を表しまして、今月の一冊は「くっすん大黒」町田康ということで。

Cimg1883

posted by たろちゃん at 04:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする