2012年05月31日

5月の一冊

今月読みましたのは以下の14冊です。

・「東京・食のお作法」マッキー牧元
・「虹と修羅」円地文子
・「放送禁止映像大全」天野ミチヒロ
・「超有名料理店 オーナー11人の店づくり」東京美食マガジン編集部編
・「羊の目」伊集院静
・「作家ってどうよ?」鈴木光司 馳星周 花村満月 姫野カオルコ
・「タイムスリップコンビナート」笙野頼子
・「文学賞メッタ斬り!リターンズ」大森望 豊崎由美
・「おいしい おいしい」大橋歩
・「クラッシュ」楡周平
・「いつかパラソルの下で」森絵都
・「蘆屋家の崩壊」津原泰水
・「トイレは小説より奇なり」酒井順子
・「時が滲む朝」楊逸
   
「虹と修羅」、円地文子を知る上で貴重な3部作の最終巻。

まさに修羅な人生でした。

「羊の目」、侠客の世界を描いた小説。

でもちょっと浄化させ過ぎという気がしましたが。

「タイムスリップコンビナート」、現実と虚構が混乱する笙野頼子のマジックリアリズム。

読む人を選びますね。

「文学賞メッタ斬り!リターンズ」、やはり面白い。

文壇に興味ある方はぜひご一読を。

「クラッシュ」、優等生的で破綻のない文章は魅力でもあり物足りなさでもあります。

でもここまで読ませる筆力は素晴らしい。

「いつかパラソルの下で」、家族を描いた小説です。

角田光代、絲山秋子、平安寿子らの系統を感じました。

「蘆屋家の崩壊」、興味をそそられて読んでみたのですが。

期待はずれでした。

「時が滲む朝」、この作品に関してはおとなしい梁石日といった印象。

芥川賞の授賞はちょっと甘い気がします。

今月の一冊ですが、「クラッシュ」楡周平を推します。

久しぶりにワクワクとページをめくる楽しみを味わえました。

楡氏のこのシリーズは西村寿行なんかと比べるとどうもかっちりと型にはまっておりもっとヤンチャに暴れてもいいように思うのですが、比べること自体間違っているかもしれません。

しかし堪能した一冊でした。

Cimg1936_2

posted by たろちゃん at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする