2012年07月10日

「寿司、プリーズ!」加藤裕子

Cimg1963

寿司。

海外でいちばん認識されている日本料理かもしれませんね。

他には天ぷら、すきやきなどいろいろとありますけども。

アメリカで寿司がどのように受け入れられているのか。

それを紹介しておられるのが本書です。

日本の敷居の高い老舗高級店などとは違い、アメリカでは独自のスタイルで発展しています。

そんな中で生まれたカリフォルニアロールなんてのはもうお馴染みですよね。

やはりアメリカにはアメリカの食文化があり、そこに日本の寿司文化をどう切り込ませるかという話になりますと、これが当然一筋縄ではいきません。

いろんな寿司職人が向こうに渡っているわけですが、やはりビジネスとして割り切っておられるようです。

アメリカ人にとっては食事の場はやはりエンターテイメントな場なのですね。

寿司屋に行けばシェフ(職人)とのコミュニケーションを望む。

日本のように客が萎縮するような場所ではないのです。

これはまさに賛成。

なんで寿司屋がそんな場所になってしまったんでしょうね。

ということであちらの寿司シェフは客とのコミュニケーション力がないとだめなんですね。

いかつい顔して常連だけに愛想をしていてはだめなわけです。

寿司自体もまさにエンターテイメント。

日本人の寿司観を超越しています。

しかし今後は逆に日本がアメリカの寿司に影響を受けていくかもしれません。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする