2012年07月30日

7月の一冊

今月も14冊でした。
以下の通り。

・「仲蔵狂乱」松井今朝子 
・「聖夜に誓いを」ペニー・ジョーダン
・「濫觴の宴」西村寿行
・「中国なんて二度と行くかボケ! ・・・・でもまた行きたいかも。」さくら剛
・「寿司、プリーズ!」加藤裕子
・「湯葉・隅田川・丸の内八号館」芝木好子
・「暗渠の宿」西村賢太
・「想い雲 みをつくし料理帖」高田郁
・「ぶっかけ飯の快感」小泉武夫
・「水の中の犬」木内一裕
・「眠れるラプンツェル」山本文緒
・「アイバンのラーメン」アイバン・オーキン
・「桜庭一樹読書日記 少年になり、本を買うのだ」桜庭一樹
・「獄門島」横溝正史

「仲蔵狂乱」、実在の歌舞伎役者をモデルとした小説です。

仲蔵の波乱万丈な生き様を見事に読ませてくださいました。

「聖夜に誓いを」、ハーレクインロマンスです。

小説としての出来はいやはやですが、まあこれはこれでといったところでしょうか。

「濫觴の宴」、荒唐無稽な話ではありますが、綿密な資料に基づいての土台は相変わらず。

その上でストレートなメッセージを込めておられます。

「中国なんて二度と行くかボケ! ・・・・でもまた行きたいかも。」、シリーズ第3弾となります。

そろそろこの芸風も飽きられるころでは。(笑)

「寿司、プリーズ!」、アメリカの寿司屋の現状、そして人々の寿司に対しての認識。

そういうのがよくわかる1冊でした。

「湯葉・隅田川・丸の内八号館」、なかなか芝木文学の味わいを楽しめる作品です。

やはり「湯葉」がよかったですね。

「暗渠の宿」、私小説とのことですが、かなりエンターテイメント性ありな作品です。

今後注目したい作家。

「想い雲 みをつくし料理帖」、シリーズ3作目ですが相変わらずいいですね。

当然のベストセラーだと思います。

「ぶっかけ飯の快感」、まさにこういうBCD級グルメ大賛成。

食通ぶっている人とは一線を画したいですね。

「水の中の犬」、漫画家から転向した作者の第2作目の作品。

同じようなジャンルのそこらの作家よりも話題になっていいはずの実力だと思います。

「眠れるラプンツェル」、なるほど山本文緒の小説だなとは思いますが、ちょっとどうでしょうか。

私としては成功作とは思えません。

「獄門島」、横溝正史の代表作な一冊。

ですが私はそれほどのめり込めませんでした。

さて、今月の一冊。

今月はどれもけっこう読み応えを感じました。

そんな中から1冊となりますと。

迷いながらも「水の中の犬」木内一裕ですかね。

しっかりと楽しませていただきました。

実力は本物です。

次の作品も楽しみにしつつ。

Cimg1968

posted by たろちゃん at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする