2012年08月30日

8月の一冊

今月は13冊読むことができました。
私としてはまずまずです。

・「作家の生態学(エコロジー)」山本容朗
・「ワーホリ任侠伝」ヴァシィ章絵
・「陽気なギャングの日常と襲撃」伊坂幸太郎
・「あやまち」沢村凜
・「日本食長寿健康法」川島四郎
・「剣客商売 狂乱」池波正太郎
・「サクリファイス」近藤史恵
・「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」鴨志田穣
・「十八の夏」光原百合
・「赤塚不二夫のことを書いたのだ!!」武居俊樹
・「金正日の料理人」藤本健二
・「この人の閾(いき)」保坂和志
・「幸福な食卓」瀬尾まいこ

「作家の生態学(エコロジー)」、吉行淳之介や色川武大(阿佐田哲也)といったすでに亡くなっておられる作家との交遊録。

それらの作家を知る人は今後どんどん少なくなっていくでしょうから、文壇に興味ある者としては貴重な一冊といえます。

「ワーホリ任侠伝」、荒削りではありますがパワーで読ませてくれました。

でもこの作品以降あまりパッとしないようで・・・・。(笑)

「陽気なギャングの日常と襲撃」、相変わらず伊坂作品はいいですね。

ただ今回はちょっと構成が引っかかりました。

「あやまち」、日常の平凡でさりげない事柄から始まる物語。

やや地味ではありますが読ませられました。

「日本食長寿健康法」、川島氏の栄養学は、机上の理論ではなくご自分で実践して証明しておられるところに説得力があります。

時代とともに真実も変わったりしますが、私は氏の理論はずっと支持したいです。

「剣客商売 狂乱」、シリーズも半ばの本作。

すでに全巻手元にありますが、一気に読まずじわじわと楽しんでいます。

「サクリファイス」、自転車のロードレースという日本ではなじみの薄いスポーツを扱った意欲作。

最後まで緊迫感を保ちつつ、読み応えじゅうぶんでした。

「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」、この物語はフィクションですとありますが、私小説といっていいんじゃないでしょうか。

アルコールを止められなかった男の悲しく切ない話です。

「十八の夏」、短編集としてはちょっと内容に統一感がなく、なんだかしっくりきません。

ミステリーの表題作よりも他の恋愛小説のほうがよかった。

「金正日の料理人」、いろいろと北朝鮮の内情がわかって面白かったです。

でもこれだけ暴露してマスコミにも出まくって、大丈夫なんでしょうかこの著者。(笑)

「この人の閾(いき)」、ほのぼのした雰囲気がいいでいすね。

地味ながらもじんわりと味わいのある短編集です。

「幸福な食卓」、家族を柱として各自の人生を描いておられます。

ほのぼのとした雰囲気がいい。

今月は飛びぬけてこれというのはありませんでしたが、どれもそこそこ粒揃い。

ちょっと考えましたが、先の展開を待ち遠しくページをめくった「サクリファイス」を選びます。

ロードレースというモチーフがよかった。

Cimg1984

posted by たろちゃん at 19:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする