2012年09月09日

「海炭市叙景」佐藤泰志

Cimg2026

海炭市という架空の街を舞台にした短編集。

第一章では連作短編風になっていますが、第二章ではそれぞれの作品に繋がりはありません。

海炭市というのは中途半端に都会であり田舎です。

どんどん開発が進み、昔ながらの風景が失われていく街です。

そんな街で生活する市井の人々さまざまな人生。

いろんな職業の人たちがモチーフにされています。

どれもあまり明るい話ではありません。

海炭市というのは作者の故郷である函館をモデルにしておられるようで。

そんな街で季節の移ろいとともにいろんな人たちの人生を描いてこられたわけですが、この作品に収められている季節は秋と冬。

寒い街では厳しい季節です。

このあと季節を春や夏を舞台にしてという構想があったようですが、実現しないままに作者は41歳という若さで自殺。

芥川賞に5回も候補となった才能が失われてしまいました。

ぜひ暖かい季節を舞台にしたこの街の作品を読みたかった。

雰囲気としてはちょっと立松和平を思わせますか。

土着的な作風がそう思わせるのかも。

男女のやりとりなんかは佐藤正午の雰囲気があったりして。

実に味わい深い作品群でした。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする