2012年10月18日

「言葉のレッスン」柳美里

Cimg2049

エッセイ集です。

いろんな書物のフレーズを取り上げ、それをテーマにして書いておられます。

柳氏のエッセイを読んでよく思うのは、フィクションなのかノンフィクションなのかということ。

読んでいて短編小説的な雰囲気を感じるのです。

終り方にそう感じるのかな。

別にどちらでもいいんですけどね。(笑)

なぜ私は柳美里に惹かれるのだろうと思うのですが、やはりその真摯な姿勢ですかね。

真摯というのはちょっと違うか。

孤高な雰囲気がありますし、無頼派な印象もあります。

言動に関しましてもいろいろと話題になっておられますしね。

このエッセイ集を読みましてもどこか黄昏たところがある。

うまく言えませんが、他の女性作家にはないそんなところに魅力を感じるのでしょう。

もちろん小説も鋭敏なその感性に刺激されます。

posted by たろちゃん at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする