2012年11月19日

「孤虫症」真梨幸子

Cimg2062

36歳の主婦麻美は週に3度夫以外の男とセックスしています。

妹の名義で借りているアパートで。

相手の男はそれぞれ25歳、22歳、18歳。

ネットの掲示板で釣ったとのこと。

しかし彼女と関係した男が次々と体に瘤のようなものを作って変死していきます。

原因はなんなのか。

やがて彼女の体にも異変が・・・・。

いやはやなんといいますか、とんでもない小説ですねこれは。

ひどい。(笑)

ミステリーというよりはホラーかサスペンスということになるのでしょうが、ミステリーでいうところのいわゆる「バカミス」ですね。

エロいし下品だし独りよがりだし。

第2章を読んでなるほどそういう構成なのねという仕掛けはありますが、しかしそれもまた成功しているんだかどうだか。

とにかく作者がひとり全開で突っ走っています。

これは作者のデビュー作であり、第32回メフィスト賞受賞作。

よくこんなのに賞を与えたなと思いますが、さすがメフィスト賞というべきでしょうか。

これ編集者が付いて書かせていたら絶対何度もダメ出しくらってるはずです。

デビュー作ならではのパワーというべきですかね。

ただその後に出版された「殺人鬼フジコの衝動」が30万部のベストセラーになったということで、商売的には見事に才能を発掘していたということですね。

これもすでに購入済み。

この作品と比べてどれほどの進化があるのか、また楽しみに読んでみたいと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする