2012年12月21日

「食いものの恨み」島田雅彦

Cimg2082

作家による食エッセイ。

島田雅彦氏がこのような本を出しておられたとは知りませんでした。

前半は日記形式です。

後半は食べ歩記といいますか。

国内や海外訪問での食経験を書いておられます。

面白いのは文章に遊びがあること。

作家の食エッセイはいままで何冊も読んできましたが、みんなけっこう真剣に食について語っておられる。

小説は芸であっても食エッセイは素なんですね。

でも島田氏はストイックにシニカルに、しかしきっちりと笑いを取っておられます。

前半の日記では文字の大きさを変えて強調してみたりとか。

エッセイといえどもしっかりと芸を盛り込んでおられるあたり、さすが。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする