2012年12月31日

12月の一冊

今年もいよいよ終わりですね。

今月は読んだのは15冊でした。

・「山猫の夏」船戸与一
・「太陽と毒ぐも」角田光代
・「暴論 これでいいのだ!」坪内祐三vs福田和也
・「となり町戦争」三崎亜紀
・「ありのすさび」佐藤正午
・「淫らな罰」岩井志麻子
・「「王様のブランチ」のブックガイド200」松田哲夫
・「風の盆恋歌」高橋治
・「八代目 坂東三津五郎の食い放題」八代目 坂東三津五郎
・「カミングアウト」高殿円
・「食いものの恨み」島田雅彦
・「黒冷水」羽田圭介
・「ほんまにオレはアホやろか」水木しげる
・「酒(しゅ)にまじわれば」なぎら健壱
・「花霞」芝木好子
    
「山猫の夏」、読み応えのある冒険小説。

ただ同じ言い回しがやたら出てくるのはちょっと気になりましたけども。

「太陽と毒ぐも」、いろんなわけありのパートナーを持つカップルを描いた短編集。

コミカルで哀愁のある内容がよかったです。

「暴論 これでいいのだ!」好き放題いろんなことについて言論しておられます。

幅広いテーマに感心。

「となり町戦争」、作者の狙い通りの仕上がりかもしれませんが、私自身はどうも肩透かしな印象でした。

ちょっと淡々としすぎかなと。

「ありのすさび」、エッセイ集。

小説と同じく佐藤正午の飄々としたキャラクターが窺えます。

「淫らな罰」、素材はいいんですけど、どうも味付けに失敗している感じ。

よけいな味付けはいらないという気がしました。

「風の盆恋歌」、ベタな話ではあります。

でも祭りを背景にした大人の恋愛といった雰囲気がいいですね。

「カミングアウト」、他人にはいえないさまざまな思いを持った主人公たち。

そんな人物の苦悩に上手くエピソードを絡めていると思います。

「食いものの恨み」、食エッセイですが島田雅彦らしいシニカルな文章。

笑ってしまいました。

「黒冷水」、中学生と高校生の兄弟の他愛ない憎しみあい。

それがエスカレートする冷ややかさや残酷さが半端ではありませんでした。

「花霞」、表題作よりも芸事に打ち込む芯の強い女を描いた他の収録作に魅力がありました。

こういうジャンルはやはりいいですねぇ、芝木好子。

さて、今月の一冊はどうしましょう。

「風の盆恋歌」や「花霞」といったベテランの味わいも実によかったのですが、予想外に楽しめたということでこれを選んでみましょうか。

「カミングアウト」高殿円。

Cimg2072

posted by たろちゃん at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする