2013年01月04日

「インスタントラーメン読本」嵐山光三郎 編著

Cimg2092

インスタントラーメンを愛する著者によるラーメン読本。

南伸坊氏との対談、5泊6日インスタントラーメン101食、ゲストによる寄稿など。

年表やら豆知識のようなものまで収録されています。

いまや国民食というよりも世界食になった感さえあるインスタントラーメン。

もともとは店のラーメンのレベルを目指して作られたはずですが、いまやインスタントラーメンというひとつのジャンルとして成立しています。

この本でもそのあたりのことが語られていますね。

私もインスタントラーメンは別にラーメン屋の味に近づける必要はないと思っています。

チキンラーメン、サッポロ一番、カップヌードルなど、これはこれでヘタな専門店よりも飽きが来なくて美味しいじゃないですか。(笑)

てなわけで、インスタントラーメンファン必読の一冊です。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 『あ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする