2013年01月20日

「ミザリー」スティーヴン・キング

Cimg2096

酔っぱらい運転をしていて雪道で転倒事故を起こしてしまった人気作家ボール・シェルダン。

運よく通りがかりの女性に助けられたのはいいのですが、これがとんでもない人物でした。

彼女の名前はアニー・ウィルクス。

元看護婦ですが、ちょっと精神に異常をきたしています。

アニーは病院や警察に連絡することもせず、ポールを自宅に連れ帰ります。

ポールのナンバーワンの愛読者だというアニーはポールを監禁状態にし、自分ひとりのために小説を書くよう迫ります。

へたに逆らうと殺されかねないポール。

実際に彼女の機嫌を損ねて足首を斧で切り落とされたりするのです。

ポールは地獄のようなこの状況から抜け出すことはできるのか・・・・。

なんとも怖い話ですね。

訳者のあとがきに次のようなエピソードが紹介されています。

作者のS・キングが講演会のあと、ある男に執拗に一緒に写真を撮ってほしいとせがまれます。

S・キングは一緒にポラロイド写真を撮り、その写真に「マーク・チャップマンへ。S・キングより」とサインします。

そのマーク・チャップマンなる人物は、翌年あのジョン・レノンを射殺した犯人なのです。

一歩間違えば自分があのようなことに・・・・。

ファンというのはありがたい存在ですが、中にはこのような異常な人物もいるわけですよね。

そんな有名人にとっての身の周りの恐ろしさみたいなところからこの作品は生まれたようです。

異常者に監禁されるという恐ろしさはじゅうぶんに伝わりましたが、私にとってはやはり文章が馴染めませんでした。

いかにも翻訳物といった言い回しで。

なんで海外の小説ってこうなのかなぁ。

これが日本人作家の手で書かれていれば、思いっきりのめり込めたのに。

ラベル:海外小説
posted by たろちゃん at 03:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 『す』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする