2013年02月27日

2月の一冊

今月は以下の13冊でした。

・「鉄塔 武蔵野線」銀林みのる
・「あんただけ死なない」森奈津子
・「AV女優」永沢光雄
・「剣客商売 待ち伏せ」池波正太郎
・「格闘する者に○」三浦しをん
・「地球怪食紀行 「鋼の胃袋」世界を飛ぶ」小泉武夫
・「ナース裏物語 白衣の天使たちのホンネ」中野有紀子
・「涼宮ハルヒの憂鬱」谷川流
・「迷惑なんだけど?」カール・ハイアセン
・「キリハラキリコ」紺野キリフキ
・「大人のままごと」荻昌弘
・「最強格闘技伝 猛者たちの系譜」松宮康生
・「ダンシング・ヴァニティ」筒井康隆

「鉄塔 武蔵野線」、後にも先にも出てこないであろう鉄塔小説。

こんなのを小説にに仕立てた作者に感心。

「あんただけ死なない」、ホラーですがそれほど怖いというわけではありません。

森奈津子らしくエロありレズありの小説でした。

「AV女優」、インタビュー集ですが、特に彼女たちの生き方に感銘することはありませんでした。

「剣客商売 待ち伏せ」、いつもながら味わい深い。

ずっとこの世界に浸っていたい気になります。

「格闘する者に○」、作者のデビュー作ですね。

上手さが光ります。

「地球怪食紀行 「鋼の胃袋」世界を飛ぶ」、とにかく何でも食べてみる鋼の胃袋な小泉センセイ。

この人のエッセイは面白いです。

「ナース裏物語 白衣の天使たちのホンネ」、現役看護師が書いた裏話。

でも名前出して大丈夫なんでしょうか。(偽名かな)

「涼宮ハルヒの憂鬱」、ラノベのベストセラー。

思いのほか楽しめました。

「迷惑なんだけど?」、前作がよかったので読んでみたのですが、今回のはいまいちでした。

「キリハラキリコ」、独特の世界がいいですね。

今後も読み続けていきたい作家です。

「大人のままごと」、食通ではなく食いしんぼだという著者。

その思いはじゅうぶん伝わります。

「最強格闘技伝 猛者たちの系譜」、もう少しバラエティがあればと思いました。

でも芦原空手の系譜としてはこれでいいのかも。

「ダンシング・ヴァニティ」、やはりすごいですねぇ、筒井康隆。

こういう小説は他の誰も書けないでしょう。

今月は選びたい作品がいろいろとありました。

「鉄塔 武蔵野線」は鉄塔小説なんてジャンルを成立させましたし、「涼宮ハルヒの憂鬱」はラノベの面白さに目覚めさせてくれました。

といっても昔はけっこうコバルトなんか読んでいたんですけどね。(笑)

「キリハラキリコ」のユニークさは素晴らしい。

しかし今月はやはりこれです。

文学界大御所の貫禄、「ダンシング・ヴァニティ」。

抜きん出てました。

Cimg2112_2

posted by たろちゃん at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

「ダンシング・ヴァニティ」筒井康隆

Cimg2112

主人公の美術評論家の自宅の周りで喧嘩騒ぎがおこります。

「ねえ。誰かが家の前で喧嘩してるよ」

妹が知らせにやってきます。

二階の窓から見てみると数人のやくざと体育会系の大学生たち。

騒ぎが収まったと思ったらまた妹がやってきます。

「ねえ。誰かが家の前で喧嘩してるよ」

今度はやくざ同士の抗争です。

それが収まるとまた妹がやってきます。

「ねえ。誰かが家の前で喧嘩してるよ」

相撲取り同士の争いです。

騒ぎが収まったと思ったら今度は死んだ父が現れて。

これがまた何度も繰り返され・・・・。

このようにコピー&ペーストでひたすら同じフレーズが繰り返され、しかし内容は微妙に変化していきます。

さすが筒井センセイというしかありません。

とんでもない小説を書かれましたね。

何度も微妙に違った話を繰り返しながら物語は進み、主人公の人生を描いていきます。

人生にはさまざまな分岐点があります。

それをコピー&ペーストで何度も分岐点に戻りながら、くどいほどにいろんな枝をなぞっているんですね。

分岐点ということでいえば、例えば森見登美彦の「四畳半神話大系」ではこれを章に分けて書かれました。

Aという選択肢をした場合の章、Bの選択肢をした場合の章というふうに。

もっとざっくりといえば佐藤正午の「Y」なんかも『あのとき違う行動を取っていれば・・・・』というような小説です。

しかしこの「ダンシング・ヴァニティ」は主人公が自分で道を選ぶのではなく、作者の手により主人公に降りかかってくるのです。

しかも章なんてありません。

次の行で唐突に別の人生が始まるのです。

夢を題材にしたと思われるシュールな描写、最近の筒井氏に見られる老いや死といったテーマ。

それに氏の実験的な小説の技巧が施されて成り立っています。

筒井文学のひとつの到達点ではないでしょうか。

笑いあり、最後はちょっとホロッとさせられたりもして。

ノーベル文学賞も村上春樹などではなく、筒井康隆を候補にしなさい。

絲山賞は受賞されましたけど。(笑)

現在筒井氏は78歳。

このバイタリティはすごいですね。

ぜひとも末永くこのような前人未踏の小説を書き続けてくださいますことを。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 『つ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

「最強格闘技伝 猛者たちの系譜」松宮康生

Cimg2113

格闘家を紹介している本なのですが、なんだか中途半端。

おそらくタイトルと内容が釣り合っていないのがあるんじゃないかと思います。

まず芦原英幸ありきなんですね。

第1章はまさしくそれ。

芦原英幸という人物の紹介やサバキの技術について。

そのあと第2章は正道会館の石井和義、第3章は円心会館の二宮城光。

少々古い世代になりますが、空手ファンからすると「おおっ」という人たちです。

そして大山倍達やら芦原英幸の弟子だった英武館の松本英樹と続きます。

そこまではまだいいのですが、前田日明といきまして、マイク・タイソンにブルース・リー・・・・。(笑)

いや、すべて芦原英幸に結び付けておられるのでそういう意味では統一性があるともいえるのですが、さすがにマイク・タイソンにブルース・リーは無理があるんじゃないかと。

つまり「最強格闘技伝」というタイトルを見てどんな格闘家が出てくるのかなと思っていたら、やけに偏った紹介なんです。

かと思ったらマイク・タイソンやブルース・リーですし。

芦原空手のサバキに絞るのならその系統でいくべきでしょうし、タイトル通りにいくのなら幅広くいろんなジャンルの格闘家を取り上げるべきでしょう。

著者の中では1本筋が通っているのかもしれませんけども。

でも個人的には芦原英幸氏のいろんな裏話なんかが読めて楽しかったですけどね。

posted by たろちゃん at 04:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

「大人のままごと」荻昌弘

Cimg2114

「男のだいどこ」で素晴らしい食へのこだわりを披露された著者。

食エッセイ第2弾です。

とにかく料理や食べることがお好きで、仕事で地方に出かけても観光名所なんて興味なし。(?)

まずは市場です。

仕事で出かけているのに魅力的な食材を見つけたら氷やクーラーボックスまで手配しての購入。

凄まじい執念であります。

でもわかるんですよねぇ。

市場はほんとに楽しい。

ましてや地方の魅力的でしかも安い食材ときたら。

食いしんぼうとしてとはいてもたってもいられませんよね。

食べる立場よりも著者は自ら料理されますので、まずは料理人として浮き足立ってしまうのでしょう。

氏のエッセイはいいですね。

あの店この店の食べ歩き自慢ではなく、ほんとに食べることを愛しておられる。

読んでいてうなずくこと多数です。

文体がまた個性的で。

私は食に興味がありいろんな食エッセイを読んでいますけども、荻昌弘氏のエッセイは格別ですね。

実に味わい深いと思います。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

「キリハラキリコ」紺野キリフキ

Cimg2115

主人公の名前はキリハラキリコ。

不思議な町に住み、周りも不思議な人たちばかり。

もちろんキリコの周りで起こる出来事も。

そんなシュールな日常を日記形式で綴った小説です。

ショートショート集とも読めます。

この世界をなんと説明したらいいのでしょう。

ふわふわと書き綴っているようでいて、でも実はいろんな要素が盛り込まれているんですね。

ナンセンスで不条理で哀しくおかしい。

読みようによってはすごくブラックなことをさらりと書いてのける。

これは狙って書けるものではなく、かといって天然ではない計算されたしたたかさも伺えます。

登場人物たちもとてもユニーク。

まさしく紺野キリフキの世界としかいえない作品です。

ぜひ他の作品も読んでいきたいと思います。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 『こ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする