2013年02月15日

「涼宮ハルヒの憂鬱」谷川流

Cimg2103

高校生活最初の日、主人公のキョンは同じクラスでとんでもない少女に出会います。

「ただの人間には興味ありません。この中に宇宙人、未来人、超能力者がいたら、あたしのところに来なさい。以上」

と自己紹介した涼宮ハルヒです。

誰もが関わりにならない変わり者のハルヒになぜかキョンは仲間に巻きこまれ、文芸部の部室を乗っ取った『SOS団』のメンバーにさせられます。

他にも無理やり部員にさせられた長門有希、朝比奈みくる、古泉一樹。

ハルヒを中心に日常がどんどん非日常になっていき、えらいことに・・・・。

今さらながらですが読んでみました「涼宮ハルヒ」シリーズ。

いわずと知れたライトノベルの大ベストセラーです。

ラノベには興味なく偏見を持っていたりもしたのですが、いやいや、これ面白いじゃないですか。

ハルヒを初めとしてキャラがそれぞれいいですね。

キョンという男子生徒の視点で語られる一人称ですが、このキョンも本名は出てこず最後までキョンのまま。(笑)

語り口が切れよく楽しめます。

シリーズを追っかけてみようと思うのですが、現在第10弾まで出ているのですか・・・・。

えらいのに手を出してしまった。(笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする