2013年02月27日

2月の一冊

今月は以下の13冊でした。

・「鉄塔 武蔵野線」銀林みのる
・「あんただけ死なない」森奈津子
・「AV女優」永沢光雄
・「剣客商売 待ち伏せ」池波正太郎
・「格闘する者に○」三浦しをん
・「地球怪食紀行 「鋼の胃袋」世界を飛ぶ」小泉武夫
・「ナース裏物語 白衣の天使たちのホンネ」中野有紀子
・「涼宮ハルヒの憂鬱」谷川流
・「迷惑なんだけど?」カール・ハイアセン
・「キリハラキリコ」紺野キリフキ
・「大人のままごと」荻昌弘
・「最強格闘技伝 猛者たちの系譜」松宮康生
・「ダンシング・ヴァニティ」筒井康隆

「鉄塔 武蔵野線」、後にも先にも出てこないであろう鉄塔小説。

こんなのを小説にに仕立てた作者に感心。

「あんただけ死なない」、ホラーですがそれほど怖いというわけではありません。

森奈津子らしくエロありレズありの小説でした。

「AV女優」、インタビュー集ですが、特に彼女たちの生き方に感銘することはありませんでした。

「剣客商売 待ち伏せ」、いつもながら味わい深い。

ずっとこの世界に浸っていたい気になります。

「格闘する者に○」、作者のデビュー作ですね。

上手さが光ります。

「地球怪食紀行 「鋼の胃袋」世界を飛ぶ」、とにかく何でも食べてみる鋼の胃袋な小泉センセイ。

この人のエッセイは面白いです。

「ナース裏物語 白衣の天使たちのホンネ」、現役看護師が書いた裏話。

でも名前出して大丈夫なんでしょうか。(偽名かな)

「涼宮ハルヒの憂鬱」、ラノベのベストセラー。

思いのほか楽しめました。

「迷惑なんだけど?」、前作がよかったので読んでみたのですが、今回のはいまいちでした。

「キリハラキリコ」、独特の世界がいいですね。

今後も読み続けていきたい作家です。

「大人のままごと」、食通ではなく食いしんぼだという著者。

その思いはじゅうぶん伝わります。

「最強格闘技伝 猛者たちの系譜」、もう少しバラエティがあればと思いました。

でも芦原空手の系譜としてはこれでいいのかも。

「ダンシング・ヴァニティ」、やはりすごいですねぇ、筒井康隆。

こういう小説は他の誰も書けないでしょう。

今月は選びたい作品がいろいろとありました。

「鉄塔 武蔵野線」は鉄塔小説なんてジャンルを成立させましたし、「涼宮ハルヒの憂鬱」はラノベの面白さに目覚めさせてくれました。

といっても昔はけっこうコバルトなんか読んでいたんですけどね。(笑)

「キリハラキリコ」のユニークさは素晴らしい。

しかし今月はやはりこれです。

文学界大御所の貫禄、「ダンシング・ヴァニティ」。

抜きん出てました。

Cimg2112_2

posted by たろちゃん at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする