2013年03月17日

「第2図書係補佐」又吉直樹

Cimg2121_2 

又吉直樹。

お笑い芸人であり、お笑い界きっての読書家だとか。

私はテレビをあまり観ないので、ご本人の芸は観たことないのですが。

なんとか顔と名前だけは知っています。(笑)

そんな著者がいろんな本を紹介しておられるわけですが、冒頭でご本人が書いておられるように解説や批評ではありません。

ご自身の過去のエピソードを紹介され、そのシチュエーションに見合った本を紹介するという形。

巻末には芥川賞作家の中村文則氏との対談も収録されています。

それを読みましたら本との出会いは芥川の「トロッコ」であり、そのあとは「羅生門」にいって、太宰にいったとか。

バリバリの文学少年じゃないですか。(笑)

ここで紹介されている本はぼちぼちと読んでいきたいと思います。

さっそく未読の本を1冊購入しました。

しかしこれほど本を読んでおられる著者ですから、ご自身でも小説を書けるのでは。

今後そのあたりも期待したいですね。

ラベル:書評・作家
posted by たろちゃん at 01:58| Comment(0) | TrackBack(1) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする