2013年06月08日

「世界のひびわれと魂の空白を」柳美里

Cimg2178_2 

芥川賞作家、柳美里によるエッセイ集です。

エッセイといいましても内容はかなりシビア。

まあ柳氏が書いて軽いノリになるわけはありませんが。

自身の血脈を遡り、マラソンにおいて幻のオリンピック候補だった祖父を知るために韓国を取材した話。

沖縄の在日米軍問題についても物申しておられます。

オウム真理教事件についても言及。

小説において戦後初の出版差し止め裁判となった処女作である「石に泳ぐ魚」の訴訟問題。

そしていじめや自殺といった問題。

いじめや教育問題についても書いておられますが、この何年も後にご自身が子供を授かり、その子供を虐待して世間を騒がせるとは夢にも思っていらっしゃらなかったでしょう。

現実と理想は違いますしね。

そのような社会的な問題よりも、私は個人的に評論家の福田和也氏への強烈な反論、そして同じく朝日新聞や大江健三郎氏への反論がよかったですね。

なかなかこれらの対象に真正面から立ち向かえる人なんていません。

福田氏に対してはまさにコテンパンでしたし(のちに和解。なんじゃそりゃ 笑)、大江氏はこれに対してどのような対応を取られたのか知りませんけども。

飲み屋で某文芸評論家に侮辱され、平手打ちを3回くらわして眼鏡をすっとばしたその某文芸評論家は、そのあとカウンターの隅に引っ込んだというエピソードも痛快です。

って、こんなミーハーなエピソードに反応していてはだめですよね。(笑)

でも柳美里氏、ご本人は面白くないかもしれませんが、まさに無頼派です。

ギャンブルだなんだと無頼派ぶっている男性作家以上に。

好き嫌いが大きく分かれる作家さんだと思います。

でも私は好きですね、柳美里。

これからも追いかけます。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月06日

「去年ルノアールで 完全版」せきしろ

Cimg2176

『ルノアール』という喫茶店で毎日のように時間をつぶす「私」。

個性的な客たちを観察し、妄想を膨らませます。

今日もまた『ルノアール』にてどのような出来事があるのか・・・・。

妄想エッセイという新ジャンルを生み出したとありますが。

別に嘘か本当かわからないネタでエッセイを書いているというだけで、新ジャンルでもなんでもないように思いますが。

むしろ小説としてはとても成り立たないのでエッセイということにして誤魔化しているような気もします。

ちょこっと読むぶんにはいいですけど、丸ごと1冊読むのに耐えるほどのレベルではないですね。

退屈でした。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 『せ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月04日

「鴨川ホルモー」万城目学

Cimg2175

「ホルモー」とはなんぞや?

ひとくちで言うと競技の名称です。

ではどのような競技かといいますと・・・・。

これは京都を舞台にした物語です。

京大生の安倍は葵祭りのあと上賀茂神社を歩いていますと、サークルの新入生勧誘のビラを渡されます。

京大青竜会というなんやらよくわからないサークルです。

とりあえずコンパに顔を出した安倍は、そこで早良京子という鼻の形のいい女性に一目惚れ。

京子に逢えるのを目当てに京大青竜会に入会するわけですが。

実は京大青竜会というのは『オニ』を操って他の大学と壮絶な争いをする競技のサークルだったのです・・・・。

う~ん、発想がすごいですね。

京大を始めとして、京産、立命館、龍谷という実在の大学の配置を上手く生かし、京都という土地柄もばっちりと見事に壮大な与太話をでっち上げました。(笑)

順序が逆になりましたけども、この作者の作品は先に「プリンセス・トヨトミ」を読んだのですが、これもまたスケールの大きな与太話でしたね。

でもなんだか庶民的だったりするんです。

あ、与太話なんて表現していますけど、これはもちろん褒め言葉として使用しています。

いやあ、作者のセンスに脱帽です。

本書は青春小説(もちろんエピソードとして恋愛は欠かせません)であり、SF小説であり、そしてなによりエンターテイメントな小説です。

楽しめました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ま』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月02日

「風に舞いあがるビニールシート」森絵都

Cimg2173

短編集です。

『お金よりも大切な何かのために懸命に生きる人々を描いた6編』とのこと。

表題作の「風に舞いあがるビニールシート」では難民を支援する国連機関で働く男女の話です。

里佳は国連難民高等弁務官事務所に就職します。

入所するときの面接官のひとりだったのがエド。

やがて二人は結婚することになるのですが、普通の家庭を求める里佳と1年のほとんどを危険な地区に出向き難民のことを考えるエドとは、生活面でも思想でもすれ違いがあります。

当然の帰結として二人は離婚するのですが・・・・。

本書には6編収録されているのですが、その6編で書かれている世界が実に多岐に渡っています。

「鐘の音」では仏像修復師なんていう世界が書かれていますし。

作者の森絵都氏はもともとは児童文学の作家。

数々の賞を受賞しておられます。

しかし一般文学でもその実力を発揮され、しかもこの幅の広さ。

その才気には舌を巻きますね。

第135回直木賞受賞は伊達ではありません。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 『も』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする