2013年06月08日

「世界のひびわれと魂の空白を」柳美里

Cimg2178_2 

芥川賞作家、柳美里によるエッセイ集です。

エッセイといいましても内容はかなりシビア。

まあ柳氏が書いて軽いノリになるわけはありませんが。

自身の血脈を遡り、マラソンにおいて幻のオリンピック候補だった祖父を知るために韓国を取材した話。

沖縄の在日米軍問題についても物申しておられます。

オウム真理教事件についても言及。

小説において戦後初の出版差し止め裁判となった処女作である「石に泳ぐ魚」の訴訟問題。

そしていじめや自殺といった問題。

いじめや教育問題についても書いておられますが、この何年も後にご自身が子供を授かり、その子供を虐待して世間を騒がせるとは夢にも思っていらっしゃらなかったでしょう。

現実と理想は違いますしね。

そのような社会的な問題よりも、私は個人的に評論家の福田和也氏への強烈な反論、そして同じく朝日新聞や大江健三郎氏への反論がよかったですね。

なかなかこれらの対象に真正面から立ち向かえる人なんていません。

福田氏に対してはまさにコテンパンでしたし(のちに和解。なんじゃそりゃ 笑)、大江氏はこれに対してどのような対応を取られたのか知りませんけども。

飲み屋で某文芸評論家に侮辱され、平手打ちを3回くらわして眼鏡をすっとばしたその某文芸評論家は、そのあとカウンターの隅に引っ込んだというエピソードも痛快です。

って、こんなミーハーなエピソードに反応していてはだめですよね。(笑)

でも柳美里氏、ご本人は面白くないかもしれませんが、まさに無頼派です。

ギャンブルだなんだと無頼派ぶっている男性作家以上に。

好き嫌いが大きく分かれる作家さんだと思います。

でも私は好きですね、柳美里。

これからも追いかけます。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ゆ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする