2013年06月29日

6月の一冊

今月は13冊読むことができました。 
      
・「風に舞いあがるビニールシート」森絵都
・「鴨川ホルモー」万城目学
・「去年ルノアールで 完全版」せきしろ
・「世界のひびわれと魂の空白を」柳美里
・「ケンタロウの「おいしい毎日」」ケンタロウ
・「サービスの裏方たち」野地秩嘉
・「スミヤキストQの冒険」倉橋由美子
・「涼宮ハルヒの溜息」谷川流
・「あおば鰹 料理人季蔵捕物控」和田はつ子
・「江戸前「握り」 東京・世田谷「あら輝」のつけ場」荒木水都弘 浅妻千映子
・「津軽百年食堂」森沢明夫
・「ブラック・ティー」山本文緒
・「汁かけめし快食學」遠藤哲夫

「風に舞いあがるビニールシート」、いろんな職業の人たちが描かれていて幅の広さを感じさせます。

資料調べや取材を上手く消化されているなと思いました。

「鴨川ホルモー」、実在の大学の所在地を生かした設定が面白い。

もしかしてそこから話を膨らませたのでしょうか。

「去年ルノアールで 完全版」、ユーモアエッセイといいますか。

でもそんなに面白くないですけどね。

「世界のひびわれと魂の空白を」、相変わらずビシビシな柳氏です。

これは文庫化されていないんですけど、なにか理由があるんですかね。

「ケンタロウの「おいしい毎日」」、けっこう文才あるかも。

イラストもご本人です。

「サービスの裏方たち」、タイトル通り縁の下の力持ち的な職業の人たちを取材しておられます。

いいですね、自分の仕事に誇りを持ち一生懸命な人たちって。

「スミヤキストQの冒険」、シュールでシニカルな力作です。

テーマにはやはり時代を感じますけど。

「涼宮ハルヒの溜息」、さすがに第一弾に比べるとテンション落ちてます。

今後どのように展開していくのか楽しみ。

「あおば鰹 料理人季蔵捕物控」、どうもイマイチというかダメなんですよねぇ。

料理ものとしても捕物ものとしても。

「江戸前「握り」 東京・世田谷「あら輝」のつけ場」、ご主人が客として訪れた著者に自身のことや店のことを語るという形式です。

ご主人の鮨に対しての思いが伝わります。

「津軽百年食堂」、恋愛、将来、親子関係、家族の系譜、いろんな要素が盛り込まれています。

しみじみと温かい物語。

「ブラック・ティー」、さりげなくピリッとした短編集。

作者の冷めた視線と優しい視線が同居していますね。

「汁かけめし快食學」、汁かけめしなんていうあまりにも庶民的な食べ物について真正面から取り組んだ一冊。

ちょっと作者の主張が強すぎてまとまりがない気もしましたが。

さて、今月の一冊ですが。

う~ん、文句なしにこれだなというのはなかったですね。

そういう一冊があるときのほうが少ないんですけども。

そんな中から選ぶとすれば「風に舞いあがるビニールシート」でしょうか。

今月はこれで。

Cimg2173

posted by たろちゃん at 03:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする