2013年07月05日

「甘口辛口 足まかせ」渡辺文雄

Cimg2193

俳優、渡辺文雄。

私などはこのお名前を聞く(見る)と、ああ「くいしん坊! 万才」の人だなと思ってしまうのです。

そのように思う人は多いですよね?(と同意を求める 笑)

氏の俳優としてのご活躍は失礼ながらまったく存じません。

しかし食通としては有名な方であります。

誰しもそうなのですが、ご自身食について一家言持っておられるにもかかわらず「私は食通などではない」とおっしゃるんですよね。

ただの食いしん坊だと。

なるほど食通なんて自分で名乗るべきではなく、他者がそれを認めて勝手に付ける肩書きですよね。

しかしまあこの著者には認められるほどの実力はおありだと思います。

例えばこの本は料理評論家の山本益博氏と共著なのですが、渡辺氏のほうが上手です。

それはともかく。

著者の本は何冊か読んでいますけども、これは食エッセイということではちょっと薄いです。

もちろん内容が薄いというわけではありませんよ。

食以外のことについてもちょこちょこっと書かれています。

自然保護についてだったり。

でも結局は食に繋がることなんですけどね。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 『わ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする