2013年07月09日

「恋は底ぢから」中島らも

Cimg2196

エッセイ集です。

まったく面白くなく退屈な本でした。

ほんとに書き散らしたどうでもいい文章を寄せ集めたという感じ。

もちろん感銘を受ける人もいらっしゃるかもしれませんけど。

タダで入手した本でありまして、面白くなさそうな本だなとあまり気が乗らないままに読んでみましたら、やはりでした。

定価の420円で購入してたら壁に叩き付けますね。(笑)

なんでもかんでも本にすればいいというものではないでしょう。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 『な』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする