2013年07月23日

「アフリカなんて二度と思い出したくないわ! アホ!! ・・・・でも、やっぱり好き(泣)。」さくら剛

Cimg2206

さて、上巻に続きましてアフリカ大陸を北上し、たどり尽きましたのはエチオピア。

いきなり機関銃の音が聞こえてきます。

虫にやられ、強烈なトイレに意識を失いそうになり。

しかしタガミくんという日本人のお友達もできるのですが、19歳でありながらなんともしっかりした青年です。

著者の立場がない・・・・。

エジプトではもちろんピラミッドを訪問します。

そしてパレスチナではイスラエル軍による悲惨な迫害を目の当たりにし、憤慨するのです。

タクシーに乗っていると開いている窓から兵士に銃口を突きつけられ、椅子から転げ落ちたりします。

そりゃ怖いでしょうねぇ。(笑)

著者は自称引きこもりですが、いやいや、この行動力は相当なものです。

そしていろんな経験を面白おかしく読ませる文章力も。

また他の著作も機会がありましたらぜひ。

ラベル:エッセイ
posted by たろちゃん at 04:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 『さ』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする