2013年07月31日

7月の一冊

今月読みましたのは以下の15冊です。

・「文芸漫談 笑うブンガク入門」いとせいこう 奥泉光 渡辺直己
・「痴態覗き悦楽記」山本さむ
・「甘口辛口 足まかせ」渡辺文雄
・「死神の精度」伊坂幸太郎
・「恋は底ぢから」中島らも
・「ぜんぜん酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」大竹聡
・「書店ガール」碧野圭
・「ダブルオー・バック」稲見一良
・「笹塚日記 うたた寝篇」目黒孝二
・「氷平線」桜木紫乃
・「アフリカなんて二度と行くか! ボケ!! ・・・・でも愛してる(涙)」さくら剛
・「アフリカなんて二度と思い出したくないわ! アホ!! ・・・・でも、やっぱり好き(泣)。」さくら剛
・「食べものの話」吉本隆明
・「カレーライスがやって来た 日本たべもの事始」大塚滋
・「パニック・裸の王様」開高健

「文芸漫談 笑うブンガク入門」、タイトルのわりにはけっこうお堅い内容。

けっして入門篇ではありませんでした。

「痴態覗き悦楽記」、どのようなジャンルにも権威(?)はいらっしゃるんですねぇ。

感心しました。

「甘口辛口 足まかせ」、この著者の本はもう何冊目になるでしょうか。

いつもながら食べることだけでなく人との出会いが書かれているのがいい。

「死神の精度」、さすがの伊坂幸太郎。

クールなようで人間味(?)のある死神のキャラがよかった。

「恋は底ぢから」、残念ながらまったく面白くなし。

駄文の寄せ集めです。

「ぜんぜん酔ってません 酒呑みおじさんは今日も行く」、愛すべき酔っぱらいおじさんのとほほなエピソード満載。

酒飲みなら思わず頷いてしまいます。

「書店ガール」、書店業界を舞台にした小説。

本好きには楽しめる一冊だと思います。

「ダブルオー・バック」、ハードボイルドの連作短編集。

作者らしい味わいのある作品でした。

「笹塚日記 うたた寝篇」、人気書評家のエッセイです。

日常が垣間見れて面白い。

「氷平線」、北海道を舞台にしたさまざまな人間模様。

短編集ですがしみじみと読み応えありました。

「アフリカなんて二度と行くか! ボケ!! ・・・・でも愛してる(涙)」
「アフリカなんて二度と思い出したくないわ! アホ!! ・・・・でも、やっぱり好き(泣)。」、引きこもりのわりにはスケールの大きい旅行記。

大変な苦労を馬鹿馬鹿しく読ませるのはたいしたものです。

「食べものの話」、美食などではなく身近な食べ物についての食エッセイ。

地味ですがくつろげる内容です。

「カレーライスがやって来た 日本たべもの事始」、いろいろな食べ物の由来について。

雑学的な一冊です。

「パニック・裸の王様」、昭和30年代の作品です。

しかし古さは感じませんでしたね。

さてさて、今月の一冊ですが。

候補としましては「書店ガール」と「氷平線」ですか。

「書店ガール」のノリのいい楽しさもありましたけど、やはり味わい深さということで「氷平線」ですかね。

今月はこれで。

Cimg2204

posted by たろちゃん at 01:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする