2013年08月20日

「帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。」高山なおみ

Cimg2219

料理研究家のエッセイです。

タイトルから察せられるように、普通の食エッセイではありません。

かなりナルが入っています。(笑)

私としましてはごく普通に料理家のエッセイを楽しみたいなと読み始めたのですが、ちょっと違ったようです。

シュールといいますか、夢で見たというような話が多いですね。

んで悦に入っておられる。

そかそか。

こういうのを書きたいお年頃だったのか。

小説でいえば江國香織のように、たいして深い意味はないんだけどなんだか意味ありげ、みたいな。

前半はそれぞれのエッセイの内容にふさわしい料理が添えられ、巻末にカラー写真入りでレシビが紹介されています。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする