2013年09月14日

「美味方丈記」陳舜臣 錦墩

Cimg2235
直木賞作家とその奥さんによる食エッセイ。

お二人で書いておられまして、どの文章をどちらが書いておられるのかはわかりませんが。

読んだ限りではひとつの章でも二人がかりで書いておられるような感じですね。

まあそれはどちらでもいいのですが。

お二人とも中国人なので取り上げておられる料理はすべて中国料理です。

決して食通ぶった内容ではなく、ご夫婦の掛け合いが微笑ましい内容でした。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 『ち』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする