2013年09月30日

9月の一冊

読書の秋ですねぇ。

いつものように今月も14冊。

・「セックス レスキュー」大橋希
・「もっと美味しくビールが飲みたい 酒と酒場の耳学問」端田晶
・「食べたつもりで」千宗之
・「作家の放課後」yom yom編集部編
・「煙か土か食い物」舞城王太郎
・「奴の小万と呼ばれた女」松井今朝子
・「美味方丈記」陳舜臣 錦墩
・「幻夜」東野圭吾
・「8時だョ!全員集合伝説」居作昌果
・「トッカン 特別国税徴収官」高殿円
・「なぞ食探偵」泉麻人
・「フジコ・ヘミング 魂のピアニスト」フジコ・ヘミング
・「小林よしのり論序説 ゴーマニズムとは何か」呉智英・編
・「魔の牙」西村寿行

「セックス レスキュー」、問題化している(?)夫婦のセックスレス。

そんな妻たちに救いの手を差し伸べる組織のルポ。

でもこれは賛否両論あるでしょう。

「もっと美味しくビールが飲みたい 酒と酒場の耳学問」、私は酒飲みですけどビールはあまり飲まないんです。

しかしお酒好きなら楽しく読める一冊です。

「食べたつもりで」、著者は裏千家の若宗匠(当時)。

なので文章に関しては可もなく不可もなくといったところ。

「作家の放課後」、作家がいろんなことに挑戦。

こういうのは作家の素の顔が伺えて楽しいですね。

「煙か土か食い物」、作者のデビュー作。

荒削りなパワーと緻密な文章。

あっぱれです。

「奴の小万と呼ばれた女」、なんといっても小万のキャラですね。

もちろんその魅力は作者の手腕です。

「美味方丈記」、夫婦共著の食エッセイ。

こういうのは珍しいですね。

「幻夜」、たっぷり読み応えのあった一冊。

強烈な個性というかアクはありませんけども、無難に上手い作家さんだなと思います。

「8時だョ!全員集合伝説」、子供のころ毎週観ていた番組です。

そんな番組のたいへんな舞台裏が描かれています。

「トッカン 特別国税徴収官」、けっこうテレビドラマ向けの設定かもなんて思っていたらちゃっかりドラマ化されていたんですね。(笑)

テレビはほとんど観ないので知りませんでした。

「なぞ食探偵」、内容が想像つかない名前の料理を注文して食べてみる食エッセイ。

こういう企画のほうが流行の店訪問よりもよほど面白いです。

「フジコ・ヘミング 魂のピアニスト」、著者はフジコ・ヘミングとなっていますが、おそらくライターが書いたのでしょう。

だって自分で書いたとしてタイトルに「魂のピアニスト」なんて付けますか。(笑)

もうちょっと考えたれよ、ライター&編集者。

「小林よしのり論序説 ゴーマニズムとは何か」、いろいろと物議を醸した「ゴーマニズム宣言」。

漫画という若者に対しての影響が大きいジャンルだけに、作者の思想を鵜呑みにする人が多いのではないかと大きなお世話な心配。

まあ納得するならそれでもいいんですけど。

「魔の牙」、極限状態に追い込まれた人間の言動を容赦なく描きます。

もちろん寿行カラーで。(笑)

さてさて今月は。

決定的な一冊はなし。

無難なところでは「奴の小万と呼ばれた女」、「幻夜」でしょうね。

個人的な好みでは「魔の牙」です。

私は西村寿行を崇拝していますし。(笑)

ですが新鮮なインバクトを受けたということで「煙か土か食い物」舞城王太郎を選びたいと思います。

今月はこれでいきましょうか。

Cimg2224 

posted by たろちゃん at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする