2013年10月21日

「浮世でランチ」山崎ナオコーラ

Cimg2250 
私こと丸山君枝は14歳の中学2年生。

犬井という女言葉を使う幼馴染みの男友達がいます。

同じクラスのタカソウや新田、鈴木君たちと犬井の部屋で宗教ごっこをしたり。

そこでテーブルの裏に貼り付けた手紙で神様とやりとりをしたり。

そんな14歳の生活と25歳になった生活が交互に描かれています。

「今すぐ25歳になりたいわ」

「25歳になったら落ち着いているのかな?」

「たぶん。義務教育も終っているし、自由なんじゃないかしら?」

犬井とそんな会話を交わします。

25歳になった私は会社を辞め、東南アジアへ一人旅に。

私は旅先でなにを見、感じるのか。

中学校を卒業して家庭の事情でミャンマーに行ってしまった犬井に合えるのか・・・・。

場面の切り替えがちっょと唐突ではありますが、14歳と25歳の対比が鮮やかですね。

会社の先輩だったミカミさんとの旅先からのメールでのやりとりは、14歳時の神様とのやりとりとダブります。

これといった大きなドラマがあるわけではないのですが、さっきと今は違うし、もちろん14歳の時と25歳になってからは自分にも周りにも変化があります。

そんなことをほのぼの眩しく感じさせてくれました。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 『や』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする