2013年10月31日

10月の一冊

今月は14冊。

そのうち小説が9冊。

いつもより多かったです。
 
・「ぼくの美味求新」三國清三 
・「許されざるプロポーズ」水島忍
・「桐島、部活やめるってよ」朝井リョウ
・「神楽坂ホン書き旅館」黒川鍾信
・「理由」宮部みゆき
・「剣客商売 春の嵐」池波正太郎
・「魯山人の美食手帖」北大路魯山人 平野雅章 編
・「音もなく少女は」ボストン・テラン
・「「料理研究家」たち」宮葉子
・「浮世でランチ」山崎ナオコーラ
・「姥捨てバス」原宏一
・「青春クロスピア」唯川恵
・「(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾」糸井重里
・「切れた鎖」田中慎弥

「ぼくの美味求新」、約30年前に書かれているのに、そのセンスの現代性にはびっくりです。

著者は現在でも第一線でご活躍中。

「許されざるプロポーズ」、あれこれ誤解がありつつも、最後はハッピーエンド。

でもまあそれなりに読ませました。

「桐島、部活やめるってよ」、桐島本人はいっさい登場せず、周りの人間を描いていきます。

なかなか新鮮な内容でした。

「神楽坂ホン書き旅館」、映画関係者や作家が仕事をした昔の名残を残こす貴重な旅館。

当時の資料ともなる本ですね。

「理由」、女性作家ではありますが実に骨太な小説を書く作者。

その醍醐味を味わえる一冊です。

「剣客商売 春の嵐」、シリーズ初の長編でした。

スペシャルバージョンといったところでしょうか。

「魯山人の美食手帖」、芸術家であり美食家でもあった魯山人。

傲慢ではありますが憎めないキャラでもあります。

「音もなく少女は」、海外小説です。

耳が聴こえないという生涯を持った少女の生き様が悲しく切ない。

「「料理研究家」たち」、女性に人気の料理研究家という職業。

目指しておられる方はご一読を。

「浮世でランチ」、14歳と25歳の生活を交互に書き、人生を問いかけるような小説。

でも堅苦しくも説教臭くもありません。

「姥捨てバス」、現代版『姥捨て山』・・・・といえるのかどうか。

ラストは私にはちょっと消化不良でした。

「青春クロスピア」、読んでいてとても恥ずかしい小説です。(笑)

でもこの時代、この世代はこうだったんだなぁと。

「(ぶんこ版)糸井重里の萬流コピー塾」、コピーなんだか1発ギャグなんだか。

ひまつぶしにはいい。

「切れた鎖」、思いのほかシュールな作風でした。

純文学の書き手としては実力派なんだなと。

さてさて、今月の一冊ですが。

やはりこれといって抜きん出た印象の作品はありませんでした。

しかし瑞々しいセンスを感じさせてくれた「桐島、部活やめるってよ」がちょっとよかったかな。

今月はこれで。

Cimg2237

posted by たろちゃん at 04:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする