2014年01月30日

1月の一冊

今月は上下巻も含めて15冊読むことができました。
    
・「職業外伝 白の巻」秋山真志 
・「ラーメンの真髄」石神秀幸
・「貝紫幻想」芝木好子
・「部屋いっぱいのワイン」細川布久子
・「都立水商!」室積光
・「不恰好な朝の馬」井上荒野
・「雪沼とその周辺」堀江敏幸
・「ワンちゃん」楊逸
・「麦屋町昼下がり」藤沢周平
・「殺人鬼フジコの衝動」真梨幸子
・「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」森達也
・「星新一 一〇〇一話を作った人(上・下)」最相葉月
・「庖丁一本がんばったンねん!」橋本憲一
・「真珠夫人」菊池寛

「職業外伝 白の巻」、チンドン屋や映画看板絵師など、時代とともに無くなってしまいそうな職業の人たちを紹介した本。

懐かしような廃れていくのが寂しいような思いで読みました。

「ラーメンの真髄」、ラーメン評論の第一人者による著作です。

真剣にラーメンに取り組んでおられる姿勢が伝わります。

「貝紫幻想」幻の染料に魅せられた男との禁断の愛を貫く女。

ロマンがあり耽美的でもある作品です。

「部屋いっぱいのワイン」、ただワインが好きでひたすらワインを追いかけてきた著者。

難しいウンチクなどなく楽しめる一冊でした。

「都立水商!」、水商売教育専門の高校という奇抜なアイデアがいい。

笑いも感動もある優れたエンターテイメント小説でした。

「不恰好な朝の馬」、不穏な雰囲気といえば井上荒野の持ち味。

この作品集でもそんな世界を味わえます。

「雪沼とその周辺」、地味ではありますが温かく味わい深い短編集。

優れた小説を読む楽しさをじんわりと感じることができます。

「ワンちゃん」、中国人作家のデビュー作。

目新しいわけではないのですが、初々しさのようなものを感じました。

「麦屋町昼下がり」、それぞれの武士の身に起こる出来事を描いた短編集。

やっぱり藤沢周平はいいなぁ。

「殺人鬼フジコの衝動」、小説としての出来は決してよくないと思うのですが、カルトな持ち味のある作家さんですよね。

ハマるか苦笑するか大きく分かれると思いますが。

「王様は裸だと言った子供はその後どうなったか」、ちょっと著者の狙いが私とは合いませんでした。

いちびりすぎな印象です。

「星新一 一〇〇一話を作った人(上・下)」、著者の取材力に感心です。

大昔の人物に比べると資料は揃いやすいでしょうが、それでも力作だと思います。

「庖丁一本がんばったンねん!」、よくある料理人の自伝です。

しかし語り口のユーモアで読み物として成り立っています。

「真珠夫人」、昼ドラマ化されたようですが、まさしくメロドラマの王道のような内容。

思いのほか面白く読めました。

今月はけっこうどれも読み応えを感じたように思います。

ちょっと迷いますね。

絞るとすれば「都立水商!」、「真珠夫人」でしょうか。

前者はエンターテイメント小説の醍醐味、後者は予想外の面白さの発見。

う~ん、誰もが明るく楽しめるということで「都立水商!」。

今月はこれに決定です。

Cimg2308

posted by たろちゃん at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする