2014年02月11日

「食物のある風景」池波志乃

Cimg2332

女優である著者。

夫は俳優の中尾彬氏ですね。

祖父は古今亭志ん生、父は金原亭馬生と、なんともまあ芸能の血筋を受け継いでおられます。

そんな著者が生まれ育ったのが東京の谷中。

まずは子供時代の懐かしい食べ物について書かれます。

駄菓子屋、どんどん焼き。

下町の味です。

そのあとは沖縄について多くの頁を割いておられます。

年の半分は沖縄に住んでおられるとのこと。

なのでいろんな沖縄の料理を紹介しておられます。

これも昔ながらの“おばあ”の味です。

やはりそういう味に回帰するというか、落ち着きますよね。

先端の料理もいいけども、昔ながらの食がいい。

その土地に根ざした昔ながらの料理。

子供の頃に馴染んだ懐かしい味。

そういう「食物のある風景」を大事にしていきたいなと思えました。

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 『い』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする