2014年03月21日

「東京現代建築ほめ殺し」建築三酔人

Cimg2358

街中にはいろんなデザインの建物があります。

感心するようなものだったり、なんじゃこりゃと思うようなものだったり。

この本は東京のいろんな有名ビルをほめ殺すという主旨です。

私は大阪の人間ですのでここで紹介されているビルの実物は見たことありません。

しかし東京都庁舎だのフジテレビだのはテレビや写真で見たことがあります。

アサヒの「ウンコビル」というのも噂には聞いていました。

それぞれやはり有名な建築家の手によるものなんですね。

そして当然のことながらいろんなコンセプトがある。

わかったようなわからんような。(笑)

建築家もいろいろと考えて設計しておられるようで。

これを読んでいろんなビルを見る目が変わってきました。

ちょっと変わったデザインのビルなど見ると、ネットで検索してみたりしてます。

名のある建築家の設計なのかなぁ、とか。

ところでタイトルの「ほめ殺し」ですが、そんな表現を用いるほどの毒気は感じませんでしたけどね。

業界の人が読めばまた感じ方が違うのでしょうか。

posted by たろちゃん at 04:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 『け』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする