2014年05月30日

5月の一冊

今月読んだのは14冊でした。
まずまずです。
というかこのあたりが私の限界ですが。

・「片側の未来」広瀬もりの
・「プレーンソング」保坂和志
・「「街的」ということ お好み焼き屋は街の学校だ」江弘毅
・「スパムメール大賞」サエキけんぞう
・「てふてふ荘へようこそ」乾ルカ
・ 「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ」江部康二
・「下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」嶽本野ばら
・「『薔薇族』編集長」伊藤文学
・「家鳴り」篠田節子
・「残るは食欲」阿川佐和子
・「涼宮ハルヒの退屈」谷川流
・「心星ひとつ みをつくし料理帖」高田郁
・「服部幸應流 おいしいマナー・ブック」服部幸應
・「勝負のこころ」大山康晴

「片側の未来」、和製ハーレクインともいえるエタニティ文庫。

まだ数冊しか読んでいませんが、その中では上手な作家さんだと思います。

「プレーンソング」、なにも無い(ことはないのですが)内容でも書けば小説になる。

もちろん作者のセンスが問われるわけですが。

「「街的」ということ お好み焼き屋は街の学校だ」、以前にロック歌手(?)のK・Kがこんなことを言ってました。

「飲み屋にはダイヤモンドがゴロゴロ転がっている」

言いたいことはわかるんですけどね。

それと同じ類の気恥ずかしいタイトルです。

「スパムメール大賞」、著者の元に届いたスパムメールを紹介した本。

しかし最近面白いスパムメールがなくなったのはなぜ?

「てふてふ荘へようこそ」、ファンタジー小説になるんですかね。

ほろっとしつつも爽やかな感動があってよかったです。

 「主食を抜けば糖尿病は良くなる! 糖質制限食のすすめ」、医学のことはさっぱりわかりませんが、読んでいてなるほどと思える内容。

気になる人は一読すべし。

「下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」、乙女のカリスマで耽美派な作者。

でもギャグのセンスもたいしたものです。

「『薔薇族』編集長」、ゲイの専門誌ということで普通の人にはちょっと謎に包まれている感のある「薔薇族」。

編集長の同性愛の人たちに対する真摯な姿勢を読むことができました。

ちなみに著者である編集長はノンケです。

「家鳴り」、サスペンスホラーといえばいいのか、そういう短編集。

ただあともう一歩突っ込んでほしいという消化不良感がありました。

デビュー作もそうだったのですが、話の拡がりに頭打ち感があるんです。

「涼宮ハルヒの退屈」、シリーズ第3弾。

やはりベストセラーになるだけあって、読み終えてまた次も読むかという気になります。

「心星ひとつ みをつくし料理帖」、いつもながら読ませます。

今回は特に大きな動きがありましたしね。

「服部幸應流 おいしいマナー・ブック」、読みまして初心に帰りました。

ここしばらくこの本に紹介されているようなマナーの店に訪れていませんもので。(笑)

「勝負のこころ」、著者の将棋観、人生観が書かれた一冊。

あくまで将棋の話で通されたのが私には読みやすかったです。

さて今月の一冊。

「てふてふ荘へようこそ」、「下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」、「心星ひとつ みをつくし料理帖」が候補です。

「下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」と「心星ひとつ みをつくし料理帖」はどちらもシリーズもの。

そしてどちらも過去に今月の一冊に選んだと記憶しています。

「下妻物語・完 ヤンキーちゃんとロリータちゃんと殺人事件」はやはり面白かった。

でもバスの密室殺人トリックの話が興味ない私にはだるかった。

「みをつくし料理帖」シリーズは読む度に今月の一冊に挙げたい作品です。

ですが以前にも挙げているということで、今回は「てふてふ荘へようこそ」に譲ってくれますまいか。←(誰に言ってんだか 笑)

ということで5月の一冊は「てふてふ荘へようこそ」。

Cimg2383

posted by たろちゃん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする