2014年06月03日

「ホットドッグの丸かじり」東海林さだお

Cimg2415

表題作(?)は「野球抜きでホットドッグ」。

ホットドッグを食べるシチュエーションといえばやはり野球場なわけで。

そしてビールは紙コップが気分です。

山で食べるおにぎりや海の家で食べるラーメン。

縁日の焼きそばなど、その場所にふさわしい食べ物というのがあるわけですね。

そしてショージ君はふと気付かれます。

ハンバーガー屋はたくさんあるが、ホットドッグ屋はほとんどないと。

まったくそうですね。

もちろんホットドッグをメニューとして置いている店はありますけども、ハンバーガーのように特化している専門店はなかなかありません。

ましてや大規模にチェーン展開している店など皆無。

しかし東京ドームの近くにホットドッグ専門店が誕生した(当時)とのこと。

これでホットドッグ食べたさに観たくもない野球場に入らなくてもよくなります。

しかし「野球場のそば」で食べるホットドッグははたして美味しいのでしょうか。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 04:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする