2014年07月31日

7月の一冊

今月読んだのは15冊。
私としては上出来です。(笑)

・「納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線」野瀬泰伸 
・「悪果」黒川博行
・「憂鬱なハスビーン」朝比奈あすか
・「「ワタクシハ」」羽田圭介
・「国道沿いのファミレス」畑野智美
・「力道山の真実」大下英治
・「取り扱い注意」佐藤正午
・「思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車」谷瑞恵
・「銀座のすし」山田五郎
・「剣聖一心斎」高橋三千綱
・「きことわ」朝吹真理子
・「傷だらけの店長 街の本屋24時」伊達雅彦
・「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」三上延
・「奥薗壽子の読むレシピ」奥薗壽子
・「陽の子雨の子」豊島ミホ

「納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線」、地方によって違う食文化。

まだまだいろんな驚きがありそうです。

「悪果」、大阪を舞台にしているのがいい。

リアリティがあるし2人の刑事のやりとりが面白い。

「憂鬱なハスビーン」、過去にそれなりの人間だったつもりが今はなにをやっているんだろうと・・・・。

誰しもが思う憂鬱です。

「「ワタクシハ」」、この主人公こそがむしろハスビーンですね。

高校生で売れっ子だったギタリストがいまや就職活動で落とされまくって・・・・。

「国道沿いのファミレス」、肩の力が抜けたような主人公がいい。

タイトルはもうちょっとどうにかなりませんでしたかね。

「力道山の真実」、ヒーローではありましたがダーティーな部分もあった力道山。

そんなプロレスラーの真実です。

「取り扱い注意」、ちょっととぼけたような文体、そして男女関係。

いかにも佐藤正午な上手い小説でした。

「思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車」、大人が読むにはちょっとぬるいかなといった印象。

かといってライトノベルというわけでもなく・・・・。

「銀座のすし」、ガイドブックではありません。

銀座という街に対するそれぞれの店のこだわりや関わりを紹介しています。

「剣聖一心斎」、時代小説でもとぼけた作風はやはり高橋三千綱。

ただもっと一心斎に絞っていただければと。

「きことわ」、シュールな雰囲気漂う友情の物語。

実力は高く評価されていますが、でも一般受けはしない作家さんでしょうね。

「傷だらけの店長 街の本屋24時」、書店の元店長が書いた「書店員なんてそんないい仕事じゃないよ」という本。

本や書店を愛しているだけにその理想と現実に悩む姿があります。

「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」、栞子さんが大輔にはやや饒舌になってきました。

作者もいつまでもあのキャラでは書いていてしんどいのかななんて愚考しました。(笑)

「奥薗壽子の読むレシピ」、料理レシピ集ですがエッセイとしても楽しく読めます。

紹介されている料理は簡単に作れて実践的。

「陽の子雨の子」、奇妙な設定の三角関係。

でも嫌味はなくどこか爽やかなんですよね。

さてさて、今月はけっこう粒揃いでした。

他の月なら今月の一冊に選べるようなのが何冊もありました。

しかしその月に読んだ中から相対的に一冊選ぶという主旨ですので。

もったいなくも一冊に絞らなくてはなりません。

う~ん、「悪果」でいきましょうか。

ラストが尻すぼみな感もありますが、エンターテイメントしてじゅうぶん楽しめましたし。

あ、そうそう、先日発表された第151回直木賞受賞のお祝いも兼ねまして。(笑)

Cimg2429

posted by たろちゃん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

「陽の子雨の子」豊島ミホ

Cimg2442

夕陽は男子校の中学2年生。

24歳の雪枝と知り合います。

メールのやりとりをしたり、ボーリング場、ゲームセンター、真昼のファミレスなどで合うような付き合いです。

そんなある日、一人暮らししている雪枝の家に来るよう誘われます。

訪問してみると4年前から雪枝に飼われている19歳の聡という男がいました・・・・。

ちょっと暗い青春小説(?)です。

雨の日が怖く“灰色の点々”に怯える中学生。

働かずに家賃収入で一人暮らしする24歳の女。

そんな女に飼われている19歳の男。

爽やかさとはほど遠い設定です。(笑)

雪枝はトクベツな自分になりたいと思いつつ、しかし自分はなにほどの人間でもないということをわかっており、もがき苦しんでいます。

19歳の聡は家からほとんど出ることもなく、世間的にはペットの動物レベルです。

中学生にしては理知的な夕陽がいちばんニュートラル。

ちゃんとした家庭がありますし。

名前は黄昏ていますけども。

リアリティのあるシチュエーションではありませんが、明るくときめくだけが青春ではありませんしね。

一歩間違えると犯罪小説ですが(笑)、それをまあどうにか自分探しの青春小説に置き換えておられます。

この作者の他の作品の感想でもよく書いているので重複するのですが、どこかノスタルジックで切ない雰囲気がやはりこの作品にもあります。

というか、これが豊島ミホの持ち味でしょうけど。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 04:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 『と』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

「奥薗壽子の読むレシピ」奥薗壽子

Cimg2443

グルメブームといいますかなんといいますか。

とにかく食べることについての情報が溢れている昨今。

これはもうブームとかではなく定着していますよね。

だって人が食から興味を無くすことなんてありえませんし。

生き延びる為ではなく楽しむ為の食。

世の中が裕福で平和な証拠です。

んでまあ、いろんな人たちがマスコミに登場して情報を発信しているわけですが、その中に料理研究家という人たちがいます。

それぞれ独自のスタイルをお持ちですが、この本の著者は「料理は楽しくシンプルに」なんですね。

これがなかなか実践的でいいんです。

かといって手抜きというのとはちょっと違う。

だしの素なんてレシピは出てきませんしね。

でも素材を生かして簡単に手早くできる料理法を紹介しておられます。

この本はレシピ集ではありますが、読み物としてもとても面白く書かれています。

まさに楽しみながら料理を、ですね。

いろいろと参考にさせていただいています。(笑)

ラベル:グルメ本
posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『お』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」三上延

Cimg2441

シリーズ第2弾。

プロローグとエピローグを挟んで3章が掲載されています。

このプロローグとエピローグが栞子さんのプロファイルに近付く内容となっています。

今回取り上げられている本は、坂口三千代「クラクラ日記」、アントニイ・バージェス「時計じかけのオレンジ」、福田定一「名言随筆 サラリーマン」、足塚不二雄「UTOPIA 最後の世界大戦」。

んー、どれも勉強不足で未読です。(恥)

足塚不二雄(のちの藤子不二雄)なんてマンガ家まで取り上げておられるのは幅が広い。

藤子氏の「まんが道」なんて熱中して読みましたので、私にとってはむしろ足塚茂道というペンネームのほうがピンときたりして。(笑)

それはともかく。

今回も『ビブリア古書堂』に持ち込まれた本から、栞子さんが知識を駆使していろいろなエピソードを解決していきます。

第2弾にしてけっこう早い展開だなと思いました。

お互い苗字で呼び合っていた2人が、「栞子さん」、「大輔さん」と呼び合うようになります。

栞子さんの口調も滑らかに。

そして栞子さんの母親についてのエピソード。

早いというか、ちょうどいいのかな。

この後何巻まで出されるのかは知りませんけども。(現時点では5巻まで)

いつもながら本をモチーフとしての話なのでとても面白く興味深く読めます。

栞子さんと大輔の関係ももうひとつの柱ですよね。

とても読むのが楽しみなシリーズです。

posted by たろちゃん at 01:26| Comment(1) | TrackBack(1) | 『み』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月23日

「傷だらけの店長 街の本屋24時」伊達雅彦

Cimg2440

元書店の店長が書いたエッセイです。

といいましても書店の素晴らしさを書いた内容ではなく、むしろ否定的な内容ともいえます。

もちろん著者は本が好き。

書店にアルバイトとして入り、そのまま正社員になったという経歴です。

しかし現実は厳しすぎた。

会社である以上、経営陣の方針というものがあります。

ノルマも課せられます。

給料は安く、その割りに仕事はハードで満足に休みも取れません。

万引きもあとを絶ちません。

そしてついには近所に大型店ができ、みるみるうちに売り上げが下がっていきます・・・・。

本や書店が好きなゆえに理想と現実のギャップに板ばさみされる苦悩があります。

書店員という仕事にさえ見切りをつけたくなるほどに。

これはこれで書店の店長が経験した現実なんですね。

で、巻末には何人かの書店員が文章を寄せておられます。

この本の内容をそれはそれとしつつ、でも書店員っていい仕事だよ的な内容。

そりゃまあ、まったくその通りだとも書けんし、かといって全否定するわけにもいかない。

難しいところです。(笑)

他の書店員が書かれた本も読んだことがありますが、やはり苦労はあるけれどもやりがいのある仕事ですみたいな持っていきかたなんですよね。

それに比べると本書はけっこうダークです。

どのジャンルの仕事もそうだと思いますが、決してお花畑ではありません。

このようなダークな心情を吐露した著者の決心は立派だと思います。

ラベル:本・書店
posted by たろちゃん at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 『た』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする