2014年07月31日

7月の一冊

今月読んだのは15冊。
私としては上出来です。(笑)

・「納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線」野瀬泰伸 
・「悪果」黒川博行
・「憂鬱なハスビーン」朝比奈あすか
・「「ワタクシハ」」羽田圭介
・「国道沿いのファミレス」畑野智美
・「力道山の真実」大下英治
・「取り扱い注意」佐藤正午
・「思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車」谷瑞恵
・「銀座のすし」山田五郎
・「剣聖一心斎」高橋三千綱
・「きことわ」朝吹真理子
・「傷だらけの店長 街の本屋24時」伊達雅彦
・「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」三上延
・「奥薗壽子の読むレシピ」奥薗壽子
・「陽の子雨の子」豊島ミホ

「納豆に砂糖を入れますか? ニッポン食文化の境界線」、地方によって違う食文化。

まだまだいろんな驚きがありそうです。

「悪果」、大阪を舞台にしているのがいい。

リアリティがあるし2人の刑事のやりとりが面白い。

「憂鬱なハスビーン」、過去にそれなりの人間だったつもりが今はなにをやっているんだろうと・・・・。

誰しもが思う憂鬱です。

「「ワタクシハ」」、この主人公こそがむしろハスビーンですね。

高校生で売れっ子だったギタリストがいまや就職活動で落とされまくって・・・・。

「国道沿いのファミレス」、肩の力が抜けたような主人公がいい。

タイトルはもうちょっとどうにかなりませんでしたかね。

「力道山の真実」、ヒーローではありましたがダーティーな部分もあった力道山。

そんなプロレスラーの真実です。

「取り扱い注意」、ちょっととぼけたような文体、そして男女関係。

いかにも佐藤正午な上手い小説でした。

「思い出のとき修理します2 明日を動かす歯車」、大人が読むにはちょっとぬるいかなといった印象。

かといってライトノベルというわけでもなく・・・・。

「銀座のすし」、ガイドブックではありません。

銀座という街に対するそれぞれの店のこだわりや関わりを紹介しています。

「剣聖一心斎」、時代小説でもとぼけた作風はやはり高橋三千綱。

ただもっと一心斎に絞っていただければと。

「きことわ」、シュールな雰囲気漂う友情の物語。

実力は高く評価されていますが、でも一般受けはしない作家さんでしょうね。

「傷だらけの店長 街の本屋24時」、書店の元店長が書いた「書店員なんてそんないい仕事じゃないよ」という本。

本や書店を愛しているだけにその理想と現実に悩む姿があります。

「ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~」、栞子さんが大輔にはやや饒舌になってきました。

作者もいつまでもあのキャラでは書いていてしんどいのかななんて愚考しました。(笑)

「奥薗壽子の読むレシピ」、料理レシピ集ですがエッセイとしても楽しく読めます。

紹介されている料理は簡単に作れて実践的。

「陽の子雨の子」、奇妙な設定の三角関係。

でも嫌味はなくどこか爽やかなんですよね。

さてさて、今月はけっこう粒揃いでした。

他の月なら今月の一冊に選べるようなのが何冊もありました。

しかしその月に読んだ中から相対的に一冊選ぶという主旨ですので。

もったいなくも一冊に絞らなくてはなりません。

う~ん、「悪果」でいきましょうか。

ラストが尻すぼみな感もありますが、エンターテイメントしてじゅうぶん楽しめましたし。

あ、そうそう、先日発表された第151回直木賞受賞のお祝いも兼ねまして。(笑)

Cimg2429

posted by たろちゃん at 04:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 今月の一冊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする