2014年10月07日

「きょうのできごと」柴崎友香

Cimg2478

正道くんの引越し祝いに車で出掛けた中沢、けいと、真紀。

家には正道くんの友達の西山、坂本、後輩のかわちくん。

男5人女2人、7人での飲み会が始まります。

その飲み会や前後のできごとを、けいと、真紀、中沢、かわち、正道の5人の視線で昨日と今日をいったりきたりしつつ描いていきます・・・・。

当たり前のことですが、人それぞれ“日々”があります。

“日々”を持った人たちが集まり、またそれぞれの“日々”に戻っていく。

そんな話です。

どこにでもあるような若者たちの平凡な1日なわけですが、夜から明け方にかけての時間帯や高速道路、真夜中の飲み会という舞台設定がややファンタジックな雰囲気も醸しています。

書き下ろしされた「きょうのできごとの、つづきのできごと」もまさにそうですね。

夜の映画撮影に立ち会う原作者(柴崎氏)。

実在の俳優も出てきますが物語の登場人物たちも出てきまして、メタフィクション的な内容となっています。

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 『し』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする