2014年10月21日

「宇宙のウインブルドン」川上健一

Cimg2487

杉本宇宙は17歳の高校生。

夢はテニスのウインブルドンで優勝すること。

しかし宇宙はサーブしかできません。

相手のサーブに対してレシーブなどできないのです。

なのでサーブだけで優勝すると豪語します。

とにかくサーブはものすごい。

そんな宇宙のテニスがどこまで通用するのか。

たまたまデ杯(デビスカップ)の合宿に出くわした宇宙。

トップクラスの選手たちと試合するのですが、誰も宇宙の相手になりません。

急遽ジャパン・オープンに出場することになります。

そこでもなんなく優勝し、ついにウインブルドンへの出場権を手にします。

世界の強豪相手に宇宙のサーブだけのテニスは通用するのか・・・・。

いやぁ、面白かったですねぇ。

サーブだけでテニスをするなんてまったく荒唐無稽なわけですが、「でも面白いでしょ? ならいいじゃん」とぐいぐい読ませます。

この雰囲気は以前に読んだ「ららのいた夏」に通じるものがありますね。

主人公の快進撃が気持ちいい。

「ららのいた夏」のテニス版といったところでしょうか。

発表されたのはこちらの作品のほうが先ですけど。

出てくる強豪たちの名前もまた。

ジョン・マッケンゾー、ジミー・コナクソーズ、マッツ・ニランデル・・・・。

現実では錦織圭選手の活躍が話題となっていますが、25年以上前にこのようなヒーローがテニス界にいました。(笑)

ラベル:小説
posted by たろちゃん at 03:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 『か』の著者 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする